なぜスウェーデンの会社員は幸福度が高くて、日本の会社員は幸福度が低いのか。

ご存知ですか?

その前に、今あなたが勤めている会社は働きやすいですか?

もっと福利厚生制度を整備しなければ。。。

なぜ業界内でうちだけこんなにも離職率が高いんだ。。。

こんな事を思った事はありませんか?

【コーヒーブレイクは導入必須!?】

離職率を抑え、社員満足度を高めるために最適なソリューションがあります。

それが、”オフィスバリスタ”。つまり、コーヒーに関するプロであるバリスタをオフィスに常駐または定期的に派遣させ、社員同士のコミュニケーションの活性化を促進する事です。

スウェーデンにはFIKAという文化があります。

これは、仕事中に何度も短時間のお茶休憩を取る事を指します。

彼らは仕事中にもかかわらず、何度も短いブレークを取る事で高い生産性を実現しています。

FIKAは福利厚生制度ですらなく、国民の文化として強くスウェーデンに根付いているとの事です。

(写真掲載の許可を事務所から頂いております)

そこでCrack Roasterは、日本在住でモデルをされているスウェーデン出身のEmmaさんにFIKAと働き方について伺いました。

Emmaさんからは下記のようなコメントを頂きました。

「スウェーデンでは仕事中にFIKAで数回に分けて休憩を取る事は普通でスウェーデン人の精神面にプラスに働いている。長時間労働が問題になっている日本はFIKAのような制度を導入して、よりコミュニケーションが取りやすく働きやすい労働環境の実現に向けて注力すべき」

【では、オフィスバリスタを導入すると何が起こるのか】

オフィスバリスタを導入する事で、以下のようなメリットが得られます。

<コミュニケーション面>
・マグネットスペースを作る事でオフラインのコミュニケーションを活性化し、

普段関わらない部署の方々との交流を促進
・上司部下の関係性を良好にし離職率の低下に貢献

・スムーズなアイデア共有の促進と新しい会議のあり方の検討

<リラックス効果>
・コーヒーの香りが脳内のα波を刺激する事によるリラックス効果
・カフェインの覚醒効果で副交感神経が優位になる午後の業務も効率的に

<働き方など>
・めりはりをつけた働き方改革にも貢献
・社員のモチベーションUPに貢献
・社会的信用度向上にも繋がる
・就職活動での福利厚生制度の一部として紹介できる

【つまり???】

オフィスバリスタ導入しなければ、離職率は一生高いままです。

福利厚生制度を担当しているあなた。

オフィスバリスタ以外に「離職率を下げ、社員満足度を向上させるソリューション」を思いつきますか?

それではまた、次号にて。

カテゴリー: Crack Blog