From:シンジ

 

「なぜ人はコーヒーを飲むのだろう」

先ほどふと考えていたので、記事にしてみる事にしました。

ドリップコーヒー、カフェラテなど現代には様々なコーヒーの種類がありますが

そもそもコーヒーはどこで始まってどのように広がったのでしょうか。

 

ヤギが興奮していた

諸説ありますが、一番有力な説としては9世紀のエチオピアで”カルディ”という名の少年が興奮しているヤギを発見したそう。

その原因を探るうちに”コーヒーの木”に出会い、修道院での医療用飲料などの歴史を経て現代の嗜好品としてのコーヒーという文化が確率されたようです。

日本への流入は江戸時代の出島に貿易商が持ち込んだと言われています。

元々コーヒーは日本発祥の飲み物ではないため、コーヒーを常飲する方があまり多くないのも理解できますが最近は趣味としてのコーヒーを楽しむ方も増えてきている感触はあります。

 

眠い時には自然のカフェイン

皆さんは仕事中など、眠い時にはどうしていますか?

 

エナジードリンクを飲む?

むしろ即その場で立ち上がって物理的に寝ないようにする?

スペシャルティコーヒーを飲む?

(最後の選択肢が一番理想です!笑)

 

根本的に眠くならないように普段から体調管理とスケジュール管理を行う事が理想ですが、

超多忙な現代人はなかなかそんな時間は取れないかと思います。

かといっても、都内で美味しいコーヒーを簡単に手に入れられる場所も限られており

どうしても仕事中はエナジードリンクに頼ってしまう方が多いのが現状ではないでしょうか。

 

そこで、シンジのオススメは「眠い時はなんでもいいので缶コーヒー以外のコーヒーを飲む」事です。

前回の記事で書いたように缶コーヒーは人口添加物の塊であり、エナジードリンクの飲み過ぎはカフェイン中毒死を引き起こす可能性が非常に高いので飲む量に気をつける必要があります。

厚生労働省のホームページには「食品からのカフェイン摂取量については注意喚起が必要」との記載があります。

適切なカフェイン量を守りつつ、カフェインを摂取するためには「スペシャルティコーヒーか品質管理が徹底された紅茶・お茶」を飲むしかありません。

 

Crack Roasterでは都内のスペシャルティコーヒーショップで提供されているコーヒー豆のみを取り扱っているため、美味しいコーヒーを楽しみながら適切な量のカフェインを摂取し健康維持にも貢献できると考えています。

 

皆さんも、カフェイン中毒にならない程度にコーヒーを楽しんでくださいね。

-シンジ

カテゴリー: Crack Blog