From: シンジ

 

みなさんはコーヒー豆をじっくりと眺めた事はありますか?

都内にも数えきれない程のコーヒー屋さんがあり、コンセプトも様々。

数多あるコーヒー屋さんは、もちろんコーヒーをサーブしているお店ですが

実は一つだけ、それぞれのコーヒー屋さんで異なる点があります。

 

それは、、、

 

豆の焙煎度合い

そう、コーヒー豆の焙煎度合いです。

焙煎度合いを言い換えると「豆に通す火加減の違い」です。

 

以前の記事にも書きましたが、コーヒー豆は”コーヒーの木”の種子です。

コーヒー農園で育つ”コーヒーの木”になる実の種子を加熱する事で、

街中でよく見かける”コーヒー豆”の色になるわけです。

 

焙煎には何段階にも細かい段階がありそれぞれの豆の持つポテンシャルに合わせて

焙煎度合いを変えていきます。

オシャレなコーヒー屋さんの奥で黙々と焙煎機に向かい、豆をローストする焙煎士。

彼らの日々の研究があるからこそ、私たちが美味しいコーヒーを飲めるわけです。

 

焙煎度合いが違うと何が起こるのか

焙煎度合いは、どの方法で抽出しどのようなフレーバーを表現したいかによって

変化を加えていきます。

焙煎度合いを変える事で、同じ豆とは思えない程の変化を表現する事も可能です。

焙煎度合いは完全に好みの世界なので、正解や不正解はありません。

 

例えば、

・一般的にエスプレッソ用に焙煎する豆は深め

・ハンドドリップ用の豆は中ぐらいから浅め

と言われていますが、

極限にまで浅く焙煎し(=ほとんど火を通さない)エスプレッソで提供するお店や

これでもか!と言わんばかりに深く焙煎してハンドドリップやネルドリップで提供する

お店もあります。

ロースター(焙煎士)の好みや考え方がダイレクトに反映される焙煎度合い。

 

シンジは、豆が持つ味がそのまま表現される浅煎りが好みです。

浅煎りで焙煎されたお豆で抽出されたエスプレッソを飲む時が至福の時であります。

みなさんも次回コーヒー屋さんに行かれた時は、コーヒー豆の焙煎度合をみてくださいね。

きっとコーヒーの新しい側面が垣間見えるのではないでしょうか。

 

-シンジ

Categories: Crack Blog