From:シンジ

 

昨日の記事に書いた、田町駅近くの「Passage Coffee」さんで

シンジが飲んだ衝撃ドリンクについて今日は書きたいと思います。

 

その名も「エアロプレストニック」

 

・・・・・

 

かく言うシンジも本格的にコーヒーを初めた頃はドリップのドの字も知らず日々勉強を重ねていたのですが、さあもう少しで晴れて初心者に昇格できるか!といったタイミングでPassageさんに足を踏み入れて見たメニューがエアロプレストニックでした。

 

なんだか美味しそうなコーヒーなのは皆さんもわかると思いますが、そもそもその液体なんぞや状態かと思いますので、この記事を読んでエアロプレストニックについて勉強してみましょう!

 

 エアロプレストニックとは

 

 

「エアロプレスで抽出したコーヒーをトニックウォーターで割り、レモンかライム(店舗により変わる)を添えたドリンク」です。

いや、どんな混ぜ方やねん!笑

とツッコミたくなる気持ちは抑えて抑えて。。。

 

多分読者の皆様のほとんどが「エアロプレス」についてご存知ないかと思いますので、そちらの説明から。

 

↓下の図のような形をした抽出器具がエアロプレスと呼ばれます。

 

小学校の理科の授業で見るような器具ですね(笑

エアロプレスは空気の圧力を利用して抽出する器具で、2005年に発明されたとされており比較的日が浅い抽出器具です。

Passage Coffeeのオーナーである佐々木氏は、このエアロプレスの世界大会でチャンピオンに輝いたとの事。

(スポーツで例えるとワールドカップ優勝と同じぐらい凄い)

 

そしてこのエアロプレスで抽出されたコーヒーを、先にグラスに入れておいたトニックウォーターの上に注ぎます。

最後はお好みでライムやレモンを乗せると見事エアロプレストニックの完成です!!!

 

人生で初めてエアロプレストニックを飲んだときのシンジの第一印象は、

「なんか酸味が強いコーヒー味のするノンアルコールモヒートのような感覚」でした。

実は、「エスプレッソトニック」なるものも存在しそちらの方が発祥は先だとも言われております。

エスプレッソトニックはご想像の通り、エスプレッソ+トニックウォーター+柑橘系果実です。

エスプレッソトニックの変化球的な立ち位置で発明された(?)エアロプレストニックを初めて飲んだ時から好きになったシンジは、今では毎年夏が来ると半袖を買う前にまずレモンとトニックウォーターを買いに走ります。

みなさまも2019年のあつ〜〜〜い夏はエアロプレストニックで清々しくスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

P.S.

都内にお住まいで

「週末に何すればいいかわからない」

とかいう勿体ない事を言う人はこちらの記事を読んでみてください。

 

-シンジ

Categories: Crack Blog