From : シンジ

さて、エスプレッソは苦いものなのでしょうか。

一度実験がてら友人たちに聞いたことがあります。

シンジ:エスプレッソって苦いと思う?

友人:エスプレッソとか苦すぎて黒すぎて飲めないだろ。。。

世間一般のエスプレッソに対する歪められた常識を残念ながら再確認できました。

エスプレッソ=苦い

という公式は基本的には成り立たず、もしあなたが飲んだエスプレッソが苦いとしたらそれは「腐ったコーヒー豆を使っている」からです。

(見事腐ったコーヒーを飲み続けている方はこちらをご覧ください)

真実は一つ。

エスプレッソは苦くありません。

品質管理が徹底されたコーヒー豆を使用したハンドドリップコーヒー(俗称:ブラックコーヒー)が苦くないどころかレモンティーやブラッドオレンジ、ドライトマトのような味がするように、スペシャルティのコーヒー豆を使用したエスプレッソは美味しさ以外の何物でもありません。

エスプレッソは通常のコーヒーよりも濃い濃度且つ短時間で少量を抽出するため、「濃いから苦い」という先入観を持たれる方も多いのではないでしょうか?

エスプレッソも、ハンドドリップコーヒーと同じようにブレンドの豆やシングルオリジン(ブレンドしない、単一の農園の豆のことを指す)を選ぶ事ができます。

ハンドドリップでコーヒーの美味しさに気づいて頂けたら、次はエスプレッソの世界に足を踏み入れるのはいかがでしょうか?

シンジ

Categories: Crack Blog