From : シンジ

ラテとオレの違い。

これ、本当に皆様よく間違えられます。(笑

そこで本日は皆様のそんなお悩みをスッキリさせるために「ラテとオレの違い」についての記事を書こうと思います。

〜カフェ・ラテ〜

まずはラテから。

アルファベットで書くと”Cafe Latte”となります。

Latteはイタリア語で”牛乳”ですが、エスプレッソと牛乳で作るのがLatteです。

エスプレッソと言えばイタリア。

ラテはドリップコーヒーよりも全体的な量が多くなるこ事もしばしばありますが、通常はエスプレッソ1杯(シングルショットとも呼ばれます)

にミルクを足して作るため、全体的なカフェインの量は少なくなります。

実は、エスプレッソの方がカフェインが多いんじゃないか?と思われる方もいるかもしれませんが、エスプレッソの方がカフェインの含有量が少ないのが事実です。

↓ホットラテ

〜カフェ・オ・レ〜

おお、カフェオレってそうやって書くのか。

と思った方いますよね?(笑

カフェオレはラテとは違い、フランス語でCafe Au Laitと書きます。

Cafeは「コーヒー」で「Au Lait」が「with milk」です。

それじゃあラテじゃんかよ。と言われそうですがCafe Au Laitはドリップコーヒー(世間一般ではブラックコーヒーと呼ばれているものでしようか)とミルクを混ぜたもので、個人的にはラテよりも柔らかい口当たりがします。

スペシャルティコーヒーショップ以外でも多く提供されているコーヒー。

お店に入ったときに”ラテ”と”オレ”の違いがわからずに恥ずかしい思いをした事があるあなたは、もう2度と同じ間違いをしなくてすみますね。

2018年も残すところあと3日。年末大寒波が押し寄せてきていますが、体調管理に気をつけながら元気に駆け抜けましょう!

-シンジ

カテゴリー: Crack Blog