取材や撮影が立て込みCrack Blogの更新が久しぶりになってしまいました。

さて、今週金曜より浅草にあるラグジュアリーホテルに弊社サービス「Crack Consulting」が導入決定となりました。

その他都内のシェアハウス系の物件にいくつか導入頂きます。その背景などを追ってみましょう。

 

「なぜ、わざわざ手間のかかるコーヒーマシンとティードリッパーを導入するのか」

正直、Crack Consultingで提供するコーヒーマシンやお茶ドリッパーは少し手間がかかります。

 

ただ、手間がかかる以上に「人口添加物一切不使用の高品質ドリンクがオフィス内やシェアハウス内で1杯100円でいつでも飲める」という価値があると考えています。

今回ご提案させて頂いたのは、某不動産関係の経営者様。

「普段オフィスでコーヒーを飲む人が一定数いるものの、近くには美味しいコーヒー屋さんもないし自社所有している宿泊系物件でどんなコーヒーマシンやドリンク関係の器具を設置すれば良いかわからなかった」との事。

確かに、私たちのような「コーヒーのプロ」「お茶のプロ」と連携してオフィス内、物件内の一流カフェスペースを提案できる企業は日本になかなかいないのが現実。。。保有物件はおろか、オフィスにも美味しいコーヒーマシンが導入できていないのでどうしたら良いか、という相談を受けました。

そこで今回弊社がご提案したのは「浅草という立地を考慮した日本茶ドリッパー設置に特化した」Crack Consultingです。「Crack Consulting」というサービス名をつけたのも理由があり、「ただ単純に執務スペース内にコーヒーマシンを運んで終わり」という提供方法はしておらず、「オフィス内や物件内の現状ヒアリングを行い、最適なソリューションを提案する事でその場その場に合ったカフェスペースを導入する」事に専念しているためです。今回のケースであれば、浅草という観光が盛んな地域で外国人観光客が多く宿泊されるホテルと伺ったため「敢えて弊社が得意なコーヒー関連のサービスを導入せず、外国人向けに特化して日本茶ドリッパー設置のみ」というサービスを提案し導入頂きました。

 

通常であれば、オフィス向けコーヒーマシン系のサービスは「導入後定期的に決まったコーヒー液を定期配送するだけ」という現状ですが弊社の場合はコーヒー豆も日本茶も常時各4種類用意しているため、消費量が多い品種を多く納品するなど柔軟に対応する事も可能です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

もし、「私の勤務先のオフィス内カフェスペースについて相談したい!」という方がいればお気軽に下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先:info@crackroaster.com

カテゴリー: Crack Blog