執筆:Crack Roaster マーケティングチーム

【Crack Roasterは100%オーガニックを徹底しています】

「甘味料」「添加物」「着色素材」

あまり積極的に摂取したい食材ではありませんよね?コンビニや自動販売機でコーヒー飲料(コーヒーとコーヒー飲料は別の飲み物です)を購入すると、ほとんどの場合甘味料や添加物が入っています。そんな中、Crack Roasterは提供するドリンクに対して「あるルール」を徹底しています。

 

【Crack Roasterのドリンクは健康効果抜群!】

Crack Roasterで提供するドリンクは、全て「オーガニック」です。オーガニック、つまり人工的なものが何も加わっていない状態「自然から取れた状態と100%同じ状態」で全てのドリンクを提供しています。

「それって本当かな?ちょっと誇張しすぎじゃない?」

そう思われる方もいらっしゃるかと思いますので、解説していきましょう。

 

<Crack Roasterのコーヒー>

Crack Roasterで提供するコーヒーは、世界各地に点在する「コーヒー農家」で作られています。コーヒー豆の元は「コーヒーの木という植物の種子」です。ブドウやその他の果物と似たような成長過程を辿ります。農園直送のブドウに、紫色の着色料は入っていませんよね?コーヒー農家で育てられる「コーヒーの木」の果実を手でもぎ取り、中の種子だけを取り出して洗って先進国に輸出するのが一般的なコーヒーの流通プロセスです。このプロセスの中で、どう考えても添加物や着色料が入る余地がないのです。

「Crack Roasterのコーヒーは、甘い!」

そういった声もたくさんありますが、これはブドウが甘いのと同じで自然由来の甘さなのです。

 

<Crack Roasterの日本茶>

Crack Roasterでは、コーヒーが飲めない方向けに静岡の茶農家「佐京園」直送の日本茶を提供しています。バリスタ派遣サービス「Crack Barista」では、佐京さんの日本茶を急須で一杯毎に提供します。オフィスコーヒーマシンの「Crack Café」では、ティーパック型で1杯100円形式で日本茶を提供しています。どちらも、佐京園の広大な農園で取れた自然100%の茶葉をそのまま袋詰めしたオーガニックドリンクとなっています。

 

いかがでしたでしょうか?

「Crack Roasterのコーヒーってなんで砂糖を入れていないのに甘いの?」

「佐京さんの日本茶が美味しすぎる。。。なんで???」

Crack Roasterの美味しさの秘訣は「100%オーガニックだから」です。人生100年時代と言われるこの時代。私たちと一緒に100%オーガニックドリンクで健康状態と心地良いワークライフを維持していきましょう^^

スペシャルティコーヒーと農園直送日本茶で福利厚生を充実させましょう。

—————————————————————————————-

追伸、

今朝コンビニでコーヒーを飲みましたか?

そのコーヒーは誰が生産したのでしょう?

Crack Roasterのコーヒーは全て生産農家の顔が見えます。

大量生産大量消費、まだ続けますか???


*スペシャルティコーヒーで福利厚生をアップデート*

カテゴリー: Crack Blog