執筆:Crack Roaster マーケティングチーム

【これなーんだ?】

小学生のクイズではありません。

本日は、Crack Roasterにとって非常に大切な道具を皆様にご紹介したいと思います。

まずはこちらの画像をご覧ください。

・・・・・

ここまででわかった方は、Crack Roasterのバリスタも驚くコーヒーマニアです。

 

【測る事の大切さ】

こちらの器具は「TDS計」と呼ばれ、液体の濃度を計測するのに使います。水の値を0として、計測する対象の液体がどれほどの濃度であるかを数値で表す事ができ、バリスタにとってはコーヒー豆の次に大切とも言われる道具です。コーヒーに関しては、人間が最も美味しいと感じるTDSの値は「1.15~1.40」と言われています。Crack Roasterでは、Crack Barista・Crack Cafe両方のサービスで、共に「1.35」の値が出るように研究に研究を重ねた結果、皆様が満足できるような味を安定的に提供する事ができています。

Crack Barista提供の際には、正面から見るとただ単にお湯を注いでいるように見え、「あれ、意外とコーヒーって注ぐの簡単かも?」と思ってしまう方もいるかもしれません。

一杯のコーヒーを完成させるには収穫・洗浄・輸出・焙煎・抽出など様々な工程があり、それぞれのプロセスには途方もない研究が重ねられている事が多いのが現実です。Crack Roasterのコーヒーが「美味しい」のには理由があり、正確な数値をベースにして研究が重ねられた後に完成するレシピの通りに抽出するからこそ「いつでも美味しいコーヒー」が皆様に届けられるのです。

Crack Cafe提供拠点でも各拠点に「美味しいコーヒーの作り方」という資料を設置しています。使用してほしい水の量やコーヒー豆の分量が記載されているのも、「TDS」が崩れないようにするための情報です。

福利厚生としてのコーヒーマシンサービス「Crack Cafe」を導入中の企業様も数社いらっしゃいますので、従業員様全員に美味しいコーヒーが行き渡るように日々Crack Roasterは努力を重ねています。

 

追伸、

Crack Cafe導入拠点の皆様、PayPayの使い勝手はいかがですか?

「PayPay初回ダウンロード特典の500円を使い切ってしまった!この後どうすればいい?」

という声がそろそろ出てきそうなので、こちらでPayPayの使い方ガイドのリンクを共有します。ぜひ参考にされてください。

 

*コーヒーで福利厚生をアップデート*


カテゴリー: Crack Blog