執筆:代表 シンジ


今日は連日の雨から少し解放された空ですね。6月ももう1/3が過ぎ、真夏日もじわじわと近づいていますね。本日のCrack Newsは「Crack Roasterのコーヒーが美味しい理由」を皆様に文字でお伝えしたいと思います。

「酸味があるのに、酸っぱ過ぎず苦過ぎない。」

「毎回違うロースターのコーヒーが納品されるのに、全部美味しい!!!」

そんな嬉しい声が最近多く聞こえてきます。こちらのブログからCrack Roasterのコーヒーの秘密について学んでみてはいかがでしょうか???


秘密その①スペシャルティコーヒーのみを使用

Crack Roasterで使用するコーヒーは「スペシャルティコーヒー」と呼ばれるものだけです。一説によると、スペシャルティコーヒーは全世界で流通しているコーヒーのたった2~5%。希少性が非常に高く、生産から品質管理まで全ての過程において高度な技術が必要とされます。Crack Roasterは「職場を最高の環境へ」をモットーにサービスを提供し続けています。職場を最高の環境にするためには、できる限り高品質なサービスを提供したい。皆様のもとへ伺うバリスタや、提供しているコーヒーマシンもそうですが、可能な限り品質の高いコーヒーを使い続ける事を徹底しています。


秘密その②美味しさの期限厳守

弊社サービスをご利用の皆様はお気づきかと思いますが、弊社の納品サイクルは短いと一週間単位、長くても1ヵ月単位です。秘密①でもお話しましたが、最高の品質を確保するためには、それなりの環境を整えなければなりません。コーヒー豆の美味しい期間内に皆様に提供できるように最大限の努力をしております。専用フォームから発注をいただいてから、最短で3日で新鮮なコーヒー豆をオフィスまでお届けできるのは、小規模事業者であるCrack Roasterの強みです。


秘密その③職人が焙煎したコーヒー豆のみを使用

こちらも、小規模事業者であるCrack Roasterだからこそできる事です。ロースターという言葉を聞いた事はありますか?ロースターとは、日本語で焙煎所、つまりコーヒー豆に火を通す焙煎という作業を行う場所の事を指します。焙煎を行う人の事を焙煎士またはロースターとも呼び、焙煎は機械と職人技の融合が織りなされる作業です。都内ももちろんですが、日本全国に様々な優秀な焙煎士がロースターを構えていますが、そのほとんどは大多数の人々に知られていない事が多いと感じています。Crack RoasterのサービスCrack Cafeでは、ゲストロースター制度を取り入れています。ゲストロースター制度とは「Crack Roasterのコーヒーとは別に、日本全国のロースターから取り寄せたコーヒー豆が月替りで楽しめる」制度です。例えば、今月6月のゲストロースターは神戸市のCoffee LABO frank…北島ロースターをゲストロースターに迎えております。焙煎士が都度焙煎するので、大量生産はできません。しかし、少量でしか生産できない・しないからこそブレない品質を必ず保証できるわけです。

(北島ロースターのコーヒー豆の詳細はこちらから)

北島ロースター

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事で、私たちのコーヒーについてより深く知っていただく事ができたら嬉しく思います。

 

追伸、

Crack Cafeの支払いはPayPayで!

PayPayの操作ガイドはこちらから。

Categories: Crack Blog