From:代表シンジ

本日は、少し私の個人的なお話をしようと思います。タイトルにもある通り、私は「ある飲み物」と出会えた事で人生が良い方向へ大きく変わりました。もちろんその飲み物とは「コーヒー」なのですが、コーヒーと出会えた事で私の人生が大きく変わったのかを皆様とシェアしたいと思います。

 

①心休まる瞬間と新たな出会いが常にある

私の生まれは神戸です。就職を機に上京したのが今から4年前。東京に知り合いもいるはずもなく、慣れない東京生活で心落ち着かない生活を強いられる事になりました。最初は誰も話す相手がおらず、心細かったのですが当時の自宅の近くにPASSAGE COFFEEさんがある事を知って「とりあえずバリスタさんと話そう」という思いで訪れた事がきっかけでPASSAGEのバリスタさんはもちろんの事、常連さんとも仲良くなり、東京のコーヒー愛飲者コミュニティにも呼ばれるようになりました。上京当時は心細かったのが信じられないくらい、今は東京生活を公私共に楽しんでいます。それもコーヒーという共通言語を介して出会えた新しいコミュニティとそこにいる人たちとコーヒーを飲みながら話す事で心を落ち着ける事ができる環境を得たおかげだと感じています。

コーヒーショップに行けば、「コーヒー」という飲み物に対して常に真摯な姿勢で熱中しているバリスタさんとも会話ができます。モチベーションが下がった時や、やる気が出ない、そんな時に何かに熱中している人と話す事で元気を分け与えてもらった事は今でも忘れません。

 

②一生かけて探索し続けられる趣味

Crack Roasterを立ち上げるまではコーヒーは趣味でしたが、仕事にしてからもひしひしと感じるのですが、コーヒーは見た目以上に奥が深くて難易度も非常に高い。興味がない人が学ぶとすると、相当辛いものでしょう。全ての物事に言える事かもしれませんが、何事も一朝一夕で習得できるものではなく、目がくらむような長く深い探求の末に何かを会得した時の達成感は凄まじいものではないでしょうか。コーヒーを仕事にしている事情もあり、コーヒーだけに焦点を絞ってお話をすると「探究心を持ち続ける事」さえできれば、一生飽きる事なくコーヒーという飲み物に向き合える気がします。例えば、ワイン好きの方がブドウ農園についてお話をされる時の目は、まるで子供のように輝いていますよね?趣味の良いところは、「大人を子供にしてくれるところ」だと思っています。

 

皆さんは、童心に戻れるような趣味をお持ちですか?

「新しい事をしてみたいけれど、何をすればいいかわからない。」

そんな方にぜひ「ハンドドリップコーヒーを学ぶ」という事をお勧めしたいと思っています。ご希望があれば少人数でもセミナーを開催したりできますので、是非お声がけください。

それではまた。

Categories: Crack Blog