寝起きコーヒーがヤバイ理由【医学根拠あり】

COFFEE

こんにちは。「在宅ワークの味方コーヒーブログ」シンジです。(この記事は5分で読めます)

本記事では、寝起きのコーヒーがヤバイ理由を医学的根拠と共に解説していきます。実はコーヒーを飲まない方がいい時間帯というのは存在します。

動画でも同じ内容を解説していますので、動画で聞き流したい人は是非。

本記事の目次

  • コーヒーを飲まない方がいい時間帯
  • プロがコーヒーを飲むタイミング
  • ベストなタイミングは昼食後

コーヒーを飲まない方がいい時間帯

結論、寝起きのコーヒーは絶対にNGです。朝にコーヒーを飲む人は非常に多いかと思います。あなたは、寝起きで速攻ブラックコーヒーを流し込んだことはありますか?もし寝起きコーヒーをされている方がいれば、今すぐやめてください

寝起きに何か飲み物を飲みたい!という方向けにこちらの記事で私のカフェインとノンカフェインのバランスを考えた1日のドリンクルーティンを紹介していますので参考にしてみてください。

人体からは、コルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは、体の活動を活発にする作用をもつホルモンで、人間が起床してから約1時間程度で分泌されます。通説によると、朝8時~9時の間に分泌されることが多いようで、まさに起床してからすぐ、といった時間ではないでしょうか?この時間は、コルチゾールの分泌がされる前の時間帯ですので一切のカフェイン飲料の摂取が推奨されません。

つまり、無理やり目を覚ます感覚でコーヒーを流し込むとコルチゾールの自然分泌に影響を与えていまい、「コーヒーがなければ起きられない体質」に変わってしまいます。起きてから水以外に何かドリンクをすぐにでも飲みたい方にオススメの体を温めてくれるノンカフェインドリンクをこちらの記事で紹介しています。

プロがコーヒーを飲むタイミング

私は、朝起きたらすぐにでもコーヒーが飲みたくなるくらいコーヒーが大好きですが、体に悪いことをするともともこもないので、あることをしてコルチゾールの自然分泌を崩さないようにしています。

朝起きたらまずストップウォッチをスタートします。起床してから、歯磨きや朝ごはんなどを済ませ、起床から1時間経過したことを確認してからやっとコーヒー器具を手に取り始めます。ちょっとやりすぎ(?)感はあるかもしれませんが、意識的にコーヒーを摂取する時間をコントロールするようになると「コーヒーに頼って起きる」ということは避けられるので、非常に体に良いと感じています。

大事な事なので再度書きますが、「コーヒーは起きてから何時間経てば飲んでいいのか」に対する回答は「少なくとも1時間以上」となります。

ベストなタイミングは昼食後

人間は動物で、動物は分割睡眠を古来からしてきました。生物的に分割睡眠を取っていたということは、1日の中で何回か眠くなるタイミングが訪れるということです。分割睡眠がDNAに刻まれている動物の中でも最も睡眠時間を長くまとめてとるのは人間でしょう。

分割睡眠のせいで眠くなるタイミングで、現代人にとって一番嫌なタイミングが12:00~14:00ごろです。もともと眠くなるようにプログラミングされているのに、さらにその時間に昼食をとると副交感神経が優位になり、眠さが最高潮に達する時間です。

そんな時間にコーヒーを飲むとどうなるでしょう。コーヒーは一種の刺激物であるため人間を興奮状態にします。カフェインの作用で、眠さが緩和されて集中して仕事に取り組むめる事間違いなしです!さらに、午後のコーヒーは22:00~0:00ごろには完全に体外に排出されるため安眠妨害にもなりません。つまり、昼食後に1杯のコーヒーを飲む事は非常に理にかなっています。

昼食後のコーヒー習慣を国を挙げて実践しているところがあります。私もとても参考になり実践している事なので、是非真似て見るのも良いと思います。

おまけ

小さなお子様がいるご家庭では、「カフェインは何歳から飲めるのだろうか」という事を気になさる方が多いかと思います。

↓こちら↓の記事でまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフ/在宅ワークに役立つと幸いです。

【初心者のためのコーヒーWikipedia】
インターネット上でのコーヒー大辞典の完成を目指して毎日コツコツ作成中。万里の長城を築く思いですが、全国のコーヒー好きのために奮闘中。