Crack Roaster シンジです。

御社では、新人教育で「クライアントが来社された時の対応方法」についてどのように行われていますか?応接室へのご案内から、名刺交換、商談の流れなどは教育されているかと思いますが、ドリンク関係のお作法は教育されていますか?人事・総務担当部署であるあなたは正しく振る舞えますか?不安な方は、こちらの記事で念の為確認しておいた方がいいのではないでしょうか。

 

いきなりコーヒーを出すな!

私なら、商談に伺った先でいきなりコーヒーが出てきたら、その時点で帰ります

「なんて、マナーのなっていない企業だ!」と思ってしまうからです。

これは、自身が昔に犯したミスから教訓として学んだ事ですので、今日は記事にしてあなたに共有したいと思います。このブログの読者さんであれば、コーヒーは大好きで無くてはならない!と感じている方がほとんどかと思いますが、ちょっと待ってください。あなたのように毎日嬉しそうにコーヒーを飲む人が全てではないという事を忘れていませんか?

昔、ある企業の方が商談にいらっしゃいました。応接室に入られた商談先の方に対して、私は当たり前のようにコーヒーを出しましたが、その方はカフェインが摂取できない体質だったのです。普段私は毎日欠かさずコーヒーを飲むため、「コーヒーが飲めない、カフェインが摂取できない人がいる」という事を完全に忘れていたのです。

ですので、来客があった際には必ず「水、お茶、コーヒーがありますがどれになさいますか?」と聞いてあげる事が大切です。社会人1年目の教科書のように当たり前の事ですが、忘れがちな事が多い基本作法なので私自身もコーヒーを飲む人間だからこそ意識しています。

また、普段コーヒーを飲む人でも時間帯によってはコーヒーの摂取を避けている場合があります。例えば、「15時以降は飲まないようにしている」「夕食の後に飲むと眠れなくなる」といった方も非常に多いようです。私自身は、15:00を超えて一滴でもコーヒーを飲もうものなら、翌朝4時くらいまで眠れなくなります。

 

Crack Roasterに来客された際には

取引先に訪問した際に美味しいコーヒーでもてなされると、非常に雰囲気も和みますし何より嬉しいですよね。しかし、出す方法とタイミングを間違えると不穏な空気を生みかねません。ですので、自社に来客があった際には来客がどのドリンクなら飲めるかを必ず確認するようにしましょう。

Crack Roaster 合同会社では、実際に来客がある際は上記のような対応を徹底しています。「コーヒーの会社に訪問に来たのに、なぜうちのコーヒーを飲んで行かないの?」といった姿勢は間違っています。本当にその人が今コーヒーを飲みたいのかはこちら側にはわかりませんよね?また、「コーヒーが好き」の中にも「浅煎りじゃないと飲めない」や「エスプレッソは苦手」など様々な好みがあります。ですので、弊社に来客がある際には下記のような会話になります。

 

Crack:コーヒーは飲めますか?お水やお茶もございます。

来客:あ、コーヒー好きです!お願いします。

Crack:浅煎りと深煎りがあります。どちらがよろしいでしょうか?浅煎りはスッキリ、深煎りはしっかりしています。(全ての人が理解できるように簡単に)

来客:酸味が苦手なので、深煎りでお願いします。


 

いかがでしたか?

ぜひ、次回の来客時に参考にしてみてください。

 

↓記事をシェアする↓

カテゴリー: Crack Blog