Crack Roaster シンジです。

1人の従業員を採用して、業務をある程度習得して一人前になりかけた時期(3~5年目でしょうか)に転職、しかも競合他社に転職されたら、人事担当者としてはたまったもんじゃありません。転職(退職)の理由は様々あるかと思いますが、予期せぬ離職を防ぐ事はできるのでしょうか?完全に防ぐ事は難しくても、非常に簡単な方法で対策ができる手段もあります。

 

あなたはチームメンバーの事を何も知らない

あなたはチームメンバーの事をどれくらい熟知していますか?また、熟知する必要があると思いますか?個人情報保護法があるため、踏み込みすぎる情報把握は良くないとは思いますが、ある程度チームメンバーと仲良くなることにデメリットはないと思います。仕事をしているのは人間同士なので、仲良くなればそれなりに仕事も頼みやすくなったり心地よくプロジェクトを勧められたりできると思いませんか?

私は前職の大企業で働いていた時は「別にそこまで仲良くならなくても、それぞれに担当の仕事があるんだから、きちんとやってくれるだろう。」と考えていて、業務外コミュニケーションを一切していませんでした。最初の方は、私の業務外の仕事を担当部署に回すと数営業日で返答があり、なんの問題もなく仕事が捗っていました。しかし、入社2年目、3年目になるにつれて、仕事量が相対的に多くなり全ての仕事を裁くのに以前より時間がかかるようになってきました。そうなると、仕事に優先順位を付けなければ全ての仕事が終わらない事に気がついたのです(良く考えれば当たり前ですが、社会人経験が浅かったので気がつくのに時間がかかりました笑)が、他にも気づきはありました。「これはもしや他の人も同じ状況なのではないか。もし仮に何か必殺技みたいなものがあって、僕の仕事を全員が最優先に処理してくれたら、なんと助かる事だろう」と。仕事量が増えるにつれて私はその「必殺技」とやらを探そうとするのですがそんなものあるわけないですよね(笑)自分は新人なのでただでさえ他の方より時間がかかってしまう上、その部署での仕事で先輩よりも秀でているものはありませんでした。ただ、「新しく出会った人と話すのに抵抗がない」事を除いて。

そこで私はある事を部内で始めました。それは「恩を売る事で、部内・関連部署の人と仲良くなる」事です。まずもって皆さまとても忙しいです。無駄話をしに話しかけても相手の迷惑になるだけなので何か相手が喜ぶ事をして覚えてもらえたら将来自分が困った時に助けてもらえるんじゃないかと思い、率先して「何か業務外でお困りの事はありますか?僕でできる事ならしますよ。」という声かけを始めたのです。すると最初は「新人さんに頼むのは申し訳ない。自分の仕事を頑張って」と、特に依頼されなかったのが暫く経つと「これお願いできるかな。すぐ終わるんだよ」という依頼が増えてきました。

これを続けると、実際のところやる事は増えるのですがその分良いことも起こるようになりました。他の営業さんに回りそうになっていた案件を頂いたり、顧客からの短納期要望があって、「通常フローでは無理だ。。。」と思っていたところ、関連部署の方がイレギュラー対応ですぐに対応してくださったことが理由で受注できたりと、自分が担当している案件でもポジティブな効果が表れ始めたのです。

自発的にコミュニケーションを取った事で、関連部署の担当者の性質や仕事の仕方などを学習できたことで、相手が心地よいと思うような仕事の依頼の仕方をできるようになったりと、社内の人間関係が次第に良好になっていきました。

  

結局、人。

もし、私が上記のような対応をしていなかったらどうなっていたでしょう。一人で大量の仕事を抱え、関連部署にもテンプレートのような依頼の仕方をしたり、もしかしたら大型案件のイレギュラー対応をしてもらえなかったかもしれません。それが原因となってストレスを抱えて会社に行きたくなくなったり、ネガティブな意味で転職しようかと考え始めていたかもしれません。近年は人工知能やロボットなどの新しい技術が出てきて、人間が関わらない仕事も増えてきたかもしれません。しかし交渉や価格調整などの「直感」を使う場面もまだまだ存在し、そこでは人と人のコミュニケーションで全てが決まると言っても過言ではないのでしょうか。

ここまで読み進めていただき、改めて気がつかれたと思いますが「社内の良好な人間関係が良質な結果を生み出す」事は間違いないと思います。

ランチョンテクニック

では、どうすれば社内の人間関係を今より良好にできるのでしょうか?新しいHRシステムを導入しますか?一人一人と人事面談をしますか?何もそこまで大げさな事をする必要はないと私は思います。

あなたは「ランチョンテクニック」という心理学用語を聞いたことがありますか?ランチョンテクニックというのは、特定の人と食事を繰り返すことで「いつもご飯を食べるあの人=美味しい=楽しい、良い」というポジティブな影響を相手に与えることができるテクニックの事です。職場でこれを使おうと思っても、パワハラだと思われるの不甲斐ないですよね?では、どうすれば良いのでしょうか。そうです。お気づきになりましたか?誰かに話しかけたい時は、コーヒーマシンを使えばいいのです!(笑)社内に設置してあるコーヒーマシンであれば、「お疲れ!コーヒーどうかな?」と気軽に声がかけられるのではないでしょうか?飲みに誘うよりもランチに誘うよりもはるかに簡単なはずです。もしあなたが話しかけたい人が気難しそうに見えたり内気に見えたりしていても、その人がコーヒーを飲んでいるところを見かけたのであれば、それはGOサインです。福利厚生として会社負担でコーヒーマシンを導入している場合は、あなたの財布からは何も出て行きません。むしろ、このようなコミュニケーションを促進するために会社側は福利厚生として導入してくれているのです。個人負担型で自分が払わなければならないとしても、数百円の世界ですよね?Crack Cafeであれば、あなたの分と話しかける相手の分、2杯分で200円です。200円で良好な人間関係が得られるのであれば、ケチるのは逆に損ですよね?「昨日コーヒー飲んでたよね。今日俺がおごるから一緒にコーヒーマシンで淹れようか」そんな何気ない会話を始められるきっかけを与えてくれるコーヒーマシン。ただ設置されているだけでは宝の持ち腐れです。是非、美味しいを起点に心地よい職場と良好な人間関係を作ってみてください。

  

追伸、

ハンドドリップってそもそも何?どうやってするの?そんなあなたのためにハンドドリップの様子をお送りします。

Categories: Crack Blog