From:シンジ

本日は近年話題の「健康経営」について人事・総務の皆様にわかりやすいように解説したいと思います。

 

健康経営とは?

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。(経済産業省ホームページより本文引用)また、経済産業省主導で平成28年度より「健康経営優良法人認定制度」を開始し、健康経営を実施する企業を認定するような取り組みもあったりします。

つまり、経営者が従業員の健康状態を考慮して経営戦略を立案し実行する事が健康経営です。私も普段のブログであなたに共有している通り、従業員が心地よく働く環境が整っている企業は従業員モチベーションを高いレベルで維持できますし離職率も同業他社と比較してもはるかに低い傾向があります。

企業が健康経営を実施できるサポートするためのサービスを提供している企業もたくさんあり(Crack Roasterもそのうちの一社)、そのような企業のサービスを可能な範囲で導入する事で従業員の全体的な心身の健康度を向上させる事も可能だと思います。

実際に健康経営を目指すにあたって今あなたは何ができるのでしょうか?人事総務・労務担当者が先陣を切って社内で改革を行わなければ現在のあなたの社内の変わりません。ですので、Crack Roasterが提案する「今すぐできる健康経営」のためのヒントを見てみましょう。

 

今からできる健康経営施策

ここからは、Crack Roasterがオススメする健康経営のための施策をご紹介したいと思います。それは、残業上限時間を設定するという事です。労働基準法では月に残業できる時間が決まっていますが、その前に自社独自の残業禁止ラインの時間を決めてみましょう。例えば「19:00に完全撤収義務化」など、はっきりと残業禁止ラインの時間を設定してしまうのも良いかもしれません。残業が長引いてしまう事が多い人は、今一度自分に聞いてみてください。それっと本当に緊急な仕事で今日中に終わらせないといけない仕事ですか?個人的には「重要かつ緊急な仕事」だけを本日中に終わらせておけば、究極論クライアントにも迷惑をかける事はありません。なので、「明日楽になるから」と毎日遅くまで残業するのは確実に体に悪影響があります。ですので、上司がチームメンバーに声かけをして決めた時間に帰宅できるようにしてみるのもいいかもしれません。韓国の行政事業所では、退社時間になると一斉にパソコンが強制シャットダウンされると聞いた事もあります。

 

 

社内独自の残業時間を設定する事で一つにかける仕事の時間は減ってしまいます。しかし、仕事時間が制限される事で一つ一つの行動の効率が上がって結果的に企業としてプラスの効果がみられる事でしょう。もし新入社員の方が、入社してすぐにあなたが遅くまで残業している姿をみるとどう思うでしょう?「私も慣れてくると遅くまで働かなければいけないのかなぁ」と不安になってしまうかもしれません。なので、今後あなたの会社に入社してくる未来を担う方のためにも今すぐ残業時間を少しでも減らす努力をしてみる価値はあると思います。

 

追伸、

出張バリスタがもたらす「斜めコミュニケーション」の効果をブログ記事にしています。

>>>こちらから読んでみてください

Categories: Crack Blog