From:Crack Roaster シンジ

私、昨日風邪を引いてしまいまして・・・

今も若干の喉の痛みとだるさを感じつつ戦後処理をしております。そこで本日は実体験を元に風邪をひいた時に飲みたいものについて記事を更新したいと思います。

 

コーヒーは絶対飲むな

風邪の時は絶対にコーヒーを飲まないでください。これは私も実践している事です。コーヒーは実は体にとって刺激物であり、本来摂取しなくても良いものです。現に、コーヒーのカテゴリは”嗜好品”に分類されますよね?私を含むコーヒーに熱狂的な愛を持つ方達にとって「1日コーヒーを飲まない」事がどれほどの苦痛か、お気持ちは痛いほど共感します。ですが、熱が出た時、風邪を引いた時、だるさが目立って体が動かずどうしようもない時はコーヒーを控えるようにしてください。本来体調が悪い時は良質な睡眠とたくさんの水を取って療養するのが鉄則ですが、コーヒーに含まれるカフェインが良質な睡眠の妨げになるのです。別の記事でも書いていますが、カフェイン飲料は体を覚醒させるのに一役買います。という事は、しっかり寝る必要がある時にカフェインを摂取する事は最悪な行為なのです。

  

蜂蜜入りジンジャーティ

結論から先に申し上げると、風邪を引いた時には蜂蜜入りジンジャーティを飲む事をお勧めします。「生姜は殺菌作用があるから体調が悪い時に飲む」という方も比較的多いとは思いますが、生姜をすりおろしたものをそのまま飲むのは結構きついですよね(苦笑)。ノンカフェインになっているジンジャー紅茶であれば、優しく体に入ってくると思いますので、体調不良の時の備えとして普段からジンジャーティを備蓄しておくのも一つの手段かもしれません。

ジンジャーティが風邪の効く理由は主に2つの成分の効能にあります。それは「ジンゲロン」と「ショウガオール」という成分です。ジンゲロンは生姜独特の香りを発する成分であり、殺菌作用・抗酸化作用・新陳代謝の向上などの効能を持っています。ショウガオールは代謝促進・冷え性改善・体内の熱を燃やす事で内部体温UPなどの効能をもっています。どちらの成分も風邪を引いた時にぴったりなのではないでしょうか?

蜂蜜をジンジャーティに加えると◎な理由は、生姜と同様に殺菌作用があるためダブル殺菌作用で体内の悪い菌をいち早く自然に除去するのに効果があります。蜂蜜入りジンジャーティは殺菌作用を持つ成分の食材を掛け合わせて体内に取り入れる事になるので、風邪治癒の”鬼に金棒”なのです。

できれば風邪をひかない事が一番良いのですが、季節の変わり目や忙しさで療養が取れていない事から風邪をこじらせてしまう事もありえます。ですので、風邪をひいた際の正しい対処法を知っておく事であなたの風邪治癒に役立てば、との思いで今回記事にしました。是非ご活用ください!

  

追伸、

健康経営という言葉を聞いた事はありますか?人事労務関係のお仕事をされている場合は、必ず知っておきたい言葉です。

>>>続きはこちらから

カテゴリー: Crack Blog