Crack Roaster シンジです。

カフェオレとカフェラテの違いがわからないの、かっこわるいですよね・・・

恥をかく前に是非一度、覚えておいてください。

 

なぜそんなにも違うのか

皆さんはカフェオレとカフェラテの違いをご存知ですか?意外とわかったようでわかっていない人が多いと思います。カフェに行く際にメニューをよく見てください。実はしっかりコーヒーの分類でカテゴリー分けされて表記されている場合がほとんどです。

「ドリップコーヒー・水出しコーヒー・アイスコーヒー」そして別のページに「エスプレッソ・カフェラテ・カプチーノ」など様々なメニューが書かれています。パッとメニューを見ただけではたくさん種類があってもう何が何だかわからないですよね?「めんどくさいから1番上の商品を選べば良いだろう」と考える人もいるのではないでしょうか。詳しく知っていたら自分の好きなドリンクを頼めたのに、何かもったいない気もしませんか?

例えば商談でカフェを利用する時、コーヒーやドリンクのメニューをきっちりわかっていたらオーダーをするのもスムーズですし何より商談相手の時間を取らずにすみます。ですので今日はカフェラテとカフェオレの違いと題して、コーヒーの種類を勉強していきたいと思います。

 

エスプレッソかドリップか

カフェラテとカフェオレの違いを結論から申し上げると、エスプレッソを使っているかドリップコーヒーを使っているかの差です。ドリップコーヒーは弊社がいつも提供しているようなブラックコーヒーで、エスプレッソは何かすごそうな大きなマシン(エスプレッソマシン)を使って少量のコーヒーを出すあのドリンクのことをいいます。

では、ラテやオレの違いをここから解説したいと思います。カフェラテはエスプレッソにミルクを入れたドリンクの事を言いますが、カフェオレはドリップコーヒーいわゆる”ブラックコーヒー”にミルクを入れたものです。カフェオレのオレはフランス語で「ミルクと一緒」と言う意味ですので、「ブラックコーヒーがミルクと一緒」と覚えると簡単だと思います。例えば豆乳オレなどはドリップコーヒーやブラックコーヒーに豆乳を入れたものと言えるでしょう 。つまりカフェラテとカフェオレの違いは使用しているコーヒーの違いにあります。

 

いかがでしたでしょうか?カフェに入った時に少なくともカフェオレとカフェラテの違いがわかっていると、バリスタさんとの会話や同伴者とのメニュー決めもスムーズにできる事でしょう。

 

追伸、

コーヒーを飲んではいけないタイミングがあるのをご存知ですか?

是非チェックしてみてください。

>>>〇〇の時はコーヒーは絶対飲むな!!! 

カテゴリー: Crack Blog