From:Crack Roaster シンジ

先日、東京メトロ丸の内線に乗っている時に非常に感動した事があったので、記事にしたいと思います。

 

固定概念を壊された

私は先日丸ノ内線の電車の車内で、あることに感動するまで電車はただ時間通りに到着して時間通りに目的地につけばいいと思っていました。私は人混みがあまり好きではありませんし、遊園地やアドベンチャーワールドのような場所にも一切行きません。平日の電車はある程度混んでいて、できれば電車に乗りたくないのが本音です。そんな電車嫌いの私があることがきっかけで電車を少し好きになりかけたのです。

商談に向かうため、丸ノ内線のある駅から電車に乗りました。私はいつも電車に乗る時は座席に座らず立っています。その日はドアの近くに立っていました。 電車の中で車椅子の方ややベビーカーの方が心地よく過ごせるように広いスペースが取ってある場合があるのご存知ですか?私が乗った電車も他の電車と同じように、ドアの近くに広いスペースがありました。しかしそこにはなんと、普通であれば電車にはないものがあったのです。

それは携帯電話用の充電器のコンセントです。私はこれを見た瞬間、とても感動しました。 電車は本来人を移動させることによってその運賃をいただくようなビジネスです。つまり人を移動させること以外はメインのお仕事ではないと思います。しかし東京メトロ丸ノ内線は、「人を移動させる」言う当たり前の仕事内容に加えて「人を快適に移動させる」と言う着眼点を持って車内を設計したのではないでしょうか。 電源コンセントは電車の中になくても良いものですが、設置することによってありがたいと感じる人が私のようにいることも事実です。

 

Crack Roasterの存在意義

Crack Roasterも実は丸ノ内線と似たような着眼点を持って普段活動しています。私たちは主にコーヒーを企業様に提供する会社です。しかしただコーヒーを提供するだけではなく、コーヒーがあることで作られる社内の雰囲気、あるいは働きやすい環境を作るお手伝いをする事を目的としています。 コーヒーがなくても企業活動はできます。しかしコーヒーがあることでより豊かな企業活動ができると私たちは信じています。「職場を最高の環境へ」この理念を実現すべくこれからも企業様に価値を提供していきます。

11月1日をもってCrack Roasterは、創業2年目に入りました。これも職場を最高の環境にしたいという私たちの理念に共感してくださるお客様がいるからです。 私たちがコーヒーを通してできる事はたくさんあります。これからも皆さんに価値を届けていきたいと思っていますので、長い関係性をよろしくお願いします。

 

追伸、

あなたの生きる目的はなんですか?

こちらから一緒に考えてみてみませんか?

カテゴリー: Crack Blog