Crack Roaster シンジです。

11月も中旬に近づき、年末のイベント開催などの準備に追われている人事総務部の方もいらっしゃるのでしょうか?この記事では出張バリスタサービスも含めたイベント開催の際に活躍するケータリングサービスを紹介したいと思います。

この記事でご紹介するのは、単純なケータリングサービスではなく「高品質」を貫いているケータリングサービスを展開する事業者についてご紹介致します。

 

 

1.Crack Barista

まずはCrack Roasterのサービスから!(笑)Crack Baristaは、Crack Roaster 合同会社が提供する日本初の飲み放題式出張バリスタサービスです。2018年11月にサービスを開始し、累計8000人以上に飲み放題でスペシャルティーコーヒーを提供してきたサービスです。 特徴としては、法人専門のサービスであること。コーヒーサービスと考えると比較的高単価であるこのサービスは法人からの発注に限定しています。定額制であり、利用当日はすべてのイベント参加者が飲み放題でスペシャルティーコーヒーや日本茶を楽しめることが人気のポイントとなっています。また、使用するコーヒー豆はすべてスペシャルティーコーヒーと言う希少性の高いものであり、それをプロのバリスタが目の前で一杯一杯ハンドドリップで提供していることも特徴です。

  

2.東京ケータリングキッチン

次にご紹介するのは、東京ケータリングキッチンさんです。東京ケータリングキッチンとは、ミシュラン星付きレストラン出身のシェフ、寿司職人、バーテンダー、コンクール入賞パティシェに加え音楽や照明など、各方面のプロが手がけた「感動の空間」を提供する新感覚のケータリングサービスです。

一度、イベントでご一緒したことがあり、彼らのケイタリングサービスを拝見しましたが非常にレベルが高い印象を受けました。食事に関してもレベルの高いレストランで修行を重ねたプロのシェフが調理したもの、そしてイベント会場にいらっしゃるサービスマンの接客レベルも非常に満足度の高いものだと言えるでしょう。 また、他のケータリングサービスとの違いは、イベントのコンセプトに合わせて料理をアレンジすることです。会社の設立記念パーティーなのか、取引先を招いて新商品の発表を行うのか、企業が開催するイベントの目的は多岐に渡ります。ありきたりになってしまいがちなフードケータリングのサービスの中で、イベントの雰囲気やテーマに合わせて食事をカスタマイズすることが彼らの1番の特徴だといえます。

 

3.saitokyuhei.com

最後にご紹介するのは、ドリンクスタイリストの齋藤久平氏。10年間のホテル勤務時代から追求しているサービスと、シーンに合わせたドリンクによる”心地よいおもてなし”をモットーに、飲料を使った「ゲスト満足度の最大化」をミッションとして、レシピ開発やケータリング、レッスンなど多方面で活動。ハーブやエディブルフラワーを使ったボタニカルドリンクや、誰でも気軽に作れる3stepレシピに定評がある、本格派バーテンダー&ドリンクスタイリストです。

齋藤氏のサービスで特徴的なのは、アルコールを一切使わないドリンクである「モクテル」現在イギリスなどの西洋諸国で主流となっているモクテルですが、日本で本格的なモクテルを提供できるのは現段階で彼だけのようです。東京プリンスホテルで約10年修行を重ねた彼独自のドリンクへの着眼点が、ユニークかつ高品質なドリンクサービスを実現しています。

 

「今月来月のイベントでケータリングを利用したいけれどどこに発注すれば良いかわからない!」そんなあなたのために、本記事でご紹介した各社の連絡先を記載してきます。高品質なケータリングサービスで素敵なひとときを過ごして頂けたら幸いです。

 

Crack Roaster:https://crackroaster.com/(トップページに問い合わせフォームがございます)

東京ケータリングキッチン:https://www.tokyo-catering-kitchen.com/

Saito Kyuhei:http://saitokyuhei.com/

カテゴリー: Crack Blog