今回は、こだわることの美しさについて記事を書いていきたいと思います。

人生を豊かにするこだわり

衣食住と言う言葉があるように、人間は衣食住がある程度のクオリティーで担保されていれば究極論死ぬ事はありません。しかし他地域での文明、そして単一地域での文化が長きにわたって発展してきたことからわかるように生命の維持にこそ必要でないかもしれませんが、文明的・文化的なことを行うと言う事は、人類を人類たらしめてきたのかもしれません。 タイトルにあるように人生を豊かにするこだわりと言うものを古来人間はそれぞれ持っていたのだと思います。

例えば、儀式のための銅鐸を作る人はその銅鐸のデザインに何かしらのこだわりを見せたのかもしれません。また、家などの建築物を作る人も自分が作るものにこだわりを見せたのかもしれません。 そのようにして、人類は何かしらにこだわりを持ちながら生きてきたのだと私は思います。 弊社も、もちろんこだわりがあります。それは職場を最高の環境へと変化させるために、そのツールとしておいしいコーヒーを職場環境に積極的に導入していく、そのお手伝いをしていきたいと言うこだわりです。 おいしいコーヒーだけを提供したい人はコーヒーショップをオープンすると思います。ですが私たちがこだわっているのはおいしいコーヒーで「職場が心地よい環境になる」と言うことです。

熱中するということ

私は大学時代英語とコーヒーに対して異常なまでの熱意を持っていました。学部が外国語関係の学部だったため英語や語学に対して熱意を持つのは当然かもしれませんが、コーヒーショップでアルバイトをしていなかったにもかかわらずコーヒーを個人的に探求し続けていました。 そのおかげで、良い意味で時間が足りなかったように記憶しています。今は、幸いコーヒーをお仕事にさせてもらっていますので、自分の大好きなものでお金を頂戴することのありがたさを日々感じています。

実はコーヒー以外にもこだわりはまだまだたくさんあります。例えばお酒や料理といったものに私は個人的に非常に熱意を感じています。 新型コロナウィルスの影響で、自由に外に出ることができなくなっていますが、お酒や料理を家で楽しみながら映画を見て、本を読んで、熱中することがたくさんあるので日々自分なりに忙しく過ごしています。

あなたは何にこだわりますか?

あなたには何かこだわりがありますか?日々の家事や仕事でそれどころじゃない人も多いと思いますが、実はこだわりを持った趣味に時間を費やすことで心の豊かさを取り戻し、それによって仕事にも邁進できることをご存知ですか? これは私が会社員時代に経験したことです。

一時期会社の仕事が忙しく、映画を観る本数が減ったりコーヒーショップに行く時間が減ったりしていました。その時期は仕事に対してたくさんの時間を使っているにもかかわらず良い成果が出なかったことを覚えています。

しかし、休息をとりながら映画を見る時間を増やしたりコーヒーを淹れる時間を増やしたりすることで、心と体がリセットできた記憶があります。ですから、あなたも何か趣味や没頭できることがあるのであれば、それに費やす時間を確保することがQOL(quality of life)の向上につながるのだと思います。 あなたもぜひ、何かにこだわってみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: Crack Blog