【比較してみた】エスプレッソとブラックコーヒー、カフェインが少ないのはどっち?

COFFEE

こんにちは。

コーヒー焙煎士&経営者のシンジです。

本記事はこんな方に役立つ記事となっています。

  • 毎日コーヒーを飲んでいるけれどカフェインの摂りすぎになっていないか心配な方
  • エスプレッソとブラックコーヒーのカフェイン量の違いについて知りたい方

エスプレッソとブラックコーヒー、カフェインが少ないのはどっち?

まず結論から申し上げると同じ量を飲むという前提だとエスプレッソの方がカフェイン量が少ないのが事実です。

理由を以下に順番に解説していきます。

カフェイン量が違う理由その1:抽出時間

カフェイン量が違う理由その1:抽出時間

エスプレッソのカフェイン量がブラックコーヒーより少ない理由一つ目は抽出時間の違いです。

通常ブラックコーヒーは抽出するのに2分から3分程度かかります。

逆にエスプレッソは短いものだと10秒以内、長くても15秒程度で抽出できます。

抽出時間の違いがカフェイン量になぜ影響を及ぼすかと言うと、お湯がコーヒー豆に触れている時間が長ければ長いほどコーヒー豆に含まれているカフェインをより抽出し、お湯がコーヒー豆に触れている時間が短ければ短いほど抽出されるカフェイン量は少なくなるというわけです。

【焙煎士が解説】エスプレッソのカフェイン量は多い?少ない?」と言う記事でエスプレッソに関しては深堀りしていますので、気になる方は参考にしてみてください。

カフェイン量が違う理由その2:抽出量

カフェイン量が違う理由その2:抽出量

エスプレッソのカフェイン量がブラックコーヒーより少ない理由二つ目は抽出量の違いです。

例えばあなたがお店でカフェラテとブラックコーヒーを注文するとします。カフェラテはごく少量のエスプレッソとたくさんのミルクを使って作られることがほとんどです。

つまりカフェラテのほとんどの部分は牛乳が占めているということですね。

逆にブラックコーヒーの場合出てくる量のすべてがコーヒーなのでドリンクのほとんどを純粋なコーヒーが占めています。

つまり同じ量のカフェラテとブラックコーヒーを飲んだ場合、ドリンクに含まれているコーヒーの量がそもそもエスプレッソやカフェラテなどの方が少ないため結果的に同じ量を飲むという前提だとエスプレッソの方がカフェイン量が少なくなるのです。

ちなみに私は朝起きてからしばらくは水とドクダミ茶だけを飲むようにしています。

個人的には、こちらのオーガライフさんのものがお気に入りです。

まとめ

結論をまとめるとエスプレッソの方がブラックコーヒーよりもカフェイン量は少ないです。

理由としては抽出時間の違いと抽出量の違いがあります。

次にカフェに行く時には体調や時間帯などを考慮しながらエスプレッソドリンクにするのかブラックコーヒーにするのかを決めることができますね。

ちなみに、寝起きすぐにブラックコーヒーやエスプレッソを飲むのは厳禁です。

詳しくは「【医学根拠あり】寝起きコーヒーが気持ち悪い理由【結論ヤバイ】」という記事を参考にしてみてください。

今日も記事を読んでくださり、ありがとうございました。

それではまた。