【完全版】浅煎りコーヒーと深煎りコーヒーの違い【無知は罪】

COFFEE

本記事の内容

こんにちは。「在宅ワーカーのためのコーヒーブログ情報誌」シンジです。

今日は、浅煎りコーヒーと深煎りコーヒーの違いについてです。こんな方におすすめ(記事は4分で読めます)

  • コーヒー豆をで購入したりカフェでよくコーヒーを飲んだりするがはっきり言って浅煎りとか深煎りとか、意味わからない。。。
  • 実はコーヒーに詳しくなろうと思って最近勉強を始めたところ。

焙煎とは?

そもそも焙煎とは何でしょうか?焙煎を簡単に説明するとコーヒーの生豆に焙煎機という機械を使って火を通す作業のことを言います。

コーヒーはもともとコーヒー農園の木になっているコーヒーの果実の種子です。つまり農園から収穫した状態では皆さんが見られているあの茶色い状態にはなりません。そこで焙煎という作業を行い、火を通してコーヒー独特の苦みや酸味香りを引き出していきます。

その焙煎にも度合いというものがあります。例えるなら卵を調理する場合半熟卵やスクランブルエッグ目玉焼きなどたくさんの焼き方がありますよね。焙煎度合いは、卵にどのくらいの程度火を通すかということと類似しています。浅煎りなら半熟卵、深煎りならスクランブルエッグといったような感覚でしょうか。半熟卵もスクランブルエッグも両方違った美味しさがあるように浅煎りと深煎りも両方違った魅力があります。

浅煎りと深煎りの味の違い

では浅煎りと深煎りはどんな味の違いがあるのでしょうか?

コーヒーに火を通す時間が短い浅煎りに関してはコーヒーがもともと持っているフルーティさ酸味などを引き出すことが出来ます、つまり浅煎りコーヒーというのは軽やかで酸味が強くフルーティーな印象があります。

逆に深煎りコーヒーというのはコーヒー豆にしっかりと火を通します。コーヒー豆にしっかりと火を通すことで一般的に知られているコーヒーの苦味やコクが前面に出てきます。深煎りコーヒーは苦いだけ!と思われていますが、苦いとまずいは同じではありません。深煎りの魅力は、美味しい苦さを楽しめる事にあります。

私のように浅煎りののフルーティーさが大好きな人もいればじっくり焙煎した苦い深煎りコーヒーが好きな人もいます。つまり焙煎度合いとは個人の好みでありどの焙煎度が正しいという正解はないのです。

浅煎りと深煎りの豆を判断するコツ

コーヒー豆の浅煎りと深煎りの違いを見分けるコツは簡単です。飲みたいコーヒーのコーヒー豆をバリスタさんに見せてもらいその色を確認しましょう。色が薄い茶色であれば浅煎りに近く、濃いこげ茶色に近ければ深煎りに近い、これが簡単な見分け方です。

要約

  • 焙煎とはコーヒー豆に火を通す作業
  • 焙煎度の違いでコーヒーの味が変わる
  • 浅煎りはフルーティーで軽やかなコーヒー
  • 深煎りはしっかりこってり苦味なコーヒー
  • 見分け方は色が薄いのが浅煎り、濃い茶色が深煎り

ここまで読んでいただいたあなたはもう浅煎りと深煎りについてしっかりと理解できたかと思います。次にカフェに行く時にはご自身の好みのコーヒー豆を選ぶことができるでしょう。

もしコーヒーを注文する時に、含まれているカフェイン量が気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。

今日の記事があなたのお役に立てていれば幸いです。