【プロが解説】美味しいコーヒーの入れ方【コーヒー歴10年】

COFFEE

本記事はこんな方におすすめ

  • 自宅でハンドドリップをするあなた
  • コーヒーのことを勉強中でもっと知りたいと思っているあなた

ドリップコーヒーの美味しい入れ方をまとめました。自宅でハンドドリップをする人が参考にできるようできる限りわかりやすく解説します。是非最後まで読んでくださいね!

用意するもの

  • コーヒー粉1杯分 13g
  • お湯とケトル
  • ドリッパーと専用ペーパー
  • コーヒーサーバー 1人ならマグカップに直接でも良いと思います
  • 重さを計るスケール
  • タイマー スマートフォン付属のものでいいです

↑これら一式とコーヒー豆があればいますぐ自宅でハンドドリップが始められます。まず始めたい人が低予算で揃えられる最低限セットという感じです。ちなみに私のハンドドリップセットは一式で5万円ほど(笑

基本的なレシピ

  • コーヒー粉13グラムに対し、注ぐお湯は195〜200ml
  • 50ml を4回に分けて注ぐ

大切なのは粉とお湯の量の重さを一定にそして注ぐ時間を確認することです。一定のレシピが再現性の高い美味しさを生み出してくれます。

①↑沸騰したお湯を準備します。粉の状態にグラインドしたコーヒー豆をドリッパーにセットします。

②↑1回目のお湯50ml を注ぎます。蒸らしと呼ばれる作業をするためため60秒ほど待ちましょう

③↑60秒たったら2回目のお湯50mlを注ぎます。注ぐときのコツはひらがなの の の字を書くようにしてくるくると注ぎます。

④↑2回目に注ぎ終わったお湯が全て落ちきるのを確認したら3回目の50ml を注ぎます。

⑤↑3回目に注ぎ終わったお湯がすべて落ちるのを確認したら最後の50ml を注ぎます

ワンポイントアドバイスは、お湯を注ぐタイミングは前に注いだお湯が完全に落ち切ってからが良いです。

最終的に2分から2分30秒の間に最後の50ml が落ちきると良いと思います。もしこのレシピでハンドドリップをして3分以上落ちきるのにかかる場合は粉の挽き目をもう少し荒くすると解決されます。

動画で確認したい方はこちらから↓動画では195mlと説明していますが、誤差なので気にしなくて大丈夫です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。

ちなみにコーヒーを飲み過ぎると吐き気が襲ってくるのでご注意ください。。。