【意外】ヨーロッパと日本のコーヒーの飲み方の違い

COFFEE

こんにちは。「在宅ワーカーのためのコーヒーブログ情報誌」シンジです。本記事ではヨーロッパと日本のコーヒーの飲み方の違いについて解説します。

コーヒーは世界中で飲まれている飲み物ですが、国によって飲み方の違いがあるのはご存知ですか?特に日本と遠く離れたヨーロッパではコーヒーの楽しみ方が大きく違うようです。日本とヨーロッパの違いを比較する事で、もっとコーヒーに詳しくなる事ができます。

砂糖が無いと泣くイタリア人

close up photo of a statue

まずはエスプレッソについてみていきましょう。エスプレッソの飲み方にも大きな違いが見られます。日本人はエスプレッソショットを飲む場合砂糖を入れずにそのまま飲む事が多いようですが、エスプレッソの本場イタリアでは「エスプレッソに砂糖を入れないなんてありえない!」といった文化があるそうです。

イタリア人はバールでエスプレッソを注文するとまずお砂糖を2つたっぷりと入れます。そしてたくさんかき混ぜた後、短時間で飲み干すのが特徴です。しかしたっぷりとお砂糖を入れたためお砂糖は溶けきっていません。エスプレッソを飲みほした後コップの底に溶けていないお砂糖がエスプレッソと混ざって残っています。これをスプーンですくってまるでスイーツのように楽しむのがイタリア流エスプレッソの楽しみ方。

私たちからすると少し不思議なように見えますが、1日に何回もバールに立ち寄ってエスプレッソを飲む習慣があるイタリア人の楽しみ方は参考になると思われます。

ただし、イタリアの方も飲む時間帯については気をつけているみたいです。カフェインが人体にとって悪影響のある時間帯を絶対知っておいた方がいいので、こちらの記事をチェックしてみてください。

冷やさないスウェーデン人

イタリアの次はスウェーデンのコーヒーの飲み方をご紹介したいと思います。

私の友人で日本に住むスウェーデン人の女性がいるのですが、彼女から聞いた話によるとスウェーデン人はアイスコーヒーを飲まないそうです。 日本の場合だと、30度を超える真夏日にアイスコーヒーを短時間で飲み干すことほど爽快な時間はないでしょう。しかし、夏でも日本のように高温にならないスウェーデンでは、コーヒーを冷やして飲むと言う文化がないそうです。 実際にスウェーデン人の友人と、日本で夏にコーヒー屋さんに行ったことがあるのですが、彼女はホットコーヒーを頼んでいました。日本で生まれ育った私からすると真夏にホットコーヒーなんてとんでもないと思ったのですが、彼女曰く夏の暑い日でもコーヒーはホットで飲むものだ!そうです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。