コーヒー豆の挽き方大全!粗さ・酸味・味の関係を一挙解説

COFFEE

こんにちは。「在宅ワーカーのためのコーヒーブログ」シンジです。(この記事は4分で読めます)

本記事ではコーヒー豆の挽き方についてお話したいと思います。おうちでコーヒーを抽出してみたけれど思ったより薄くなってしまったまたは濃く出てしまった・・・そんな経験はないでしょうか?今回の記事ではコーヒー豆の挽き方について一挙にまとめています。もう二度と薄いコーヒー濃いコーヒーを飲まなくて済むように一緒に勉強していきましょう。

本記事の目次

  • なぜコーヒー豆は挽き方の違いがあるのか 
  • 覚えておきたい3種類の挽き方

なぜコーヒー豆は挽き方の違いがあるのか?

なぜコーヒー豆は挽き方の違いがあるのか?結論、それは抽出方法によって最適な挽き方が違うからです。抽出方法というとエスプレッソ、ハンドドリップ、フレンチプレス、など様々な種類がありますが、抽出器具が変わると挽き方も変えなければなりません。極端な話がハンドドリップのために用意したコーヒー豆でエスプレッソを抽出すると全然おいしくありません。ですのでこの記事で3種類の大まかな挽き方の違いについて一緒にみていきましょう。

覚えておきたい3種類の挽き方

細挽き / エスプレッソ


コーヒー豆には、細かく話そうと思ったら何十段階もの挽き方があるのですが今回は簡単に3段階に絞ります。まず一番細くグラインドするのは細挽きと言われます。細挽きはエスプレッソやマキネッタなど比較的短時間で抽出する抽出方法で使われます。理由としては短時間しかお湯に接することができないため密度を濃くしておかなければならないからです。

中挽き / ハンドドリップ, エアロプレス


次は中挽きについて説明します。中挽きは主にハンドドリップやエアロプレスなど2分から3分の間で抽出される抽出器具で使用します。ハンドドリップエアロプレスは専用の紙を使ってろ過するような抽出方法です。ですから、細かすぎたら豆が詰まってしまいますし、粗すぎたらろ過の時間が短くなり薄くなってしまうのです。

中粗挽き / フレンチプレス , サイフォン


最後に紹介するのが中粗挽きです。グラニュー糖とザラメ糖のちょうど間ぐらいと言われるサイズ感です。主にフレンチプレスやサイフォンなど時間をかけて抽出する器具の挽き方になります。フレンチプレスやサイフォンを自宅でする方はあまりいないかもしれませんが知識としてぜひ覚えておいてくださいね。

本記事の一番大切な事をまとめます。それは、抽出器具によってコーヒー豆の挽き方が変わるということと抽出時間が長くなればなるほどコーヒー豆の粗さも荒くなるという二つを忘れなければ適切な挽き方ができるので、美味しいコーヒーを毎日楽しむことができるでしょう。

ちなみに、コーヒー豆を挽くタイミングは飲む直前がベストです。コーヒー豆には賞味期限というものがあり、挽いてから飲めなくなるまでの期間が極端に短いのです。コーヒー豆の賞味期限についてはこちらの記事で解説しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。