家コーヒーのコスパが最強である理由【年間7万円の節約術】

COFFEE

こんにちは。「在宅ワーカーのためのコーヒーブログ」シンジです。(この記事は4分で読めます)

毎日コーヒーを飲む習慣があるなら、100%確実に家でコーヒーを飲むべきです。結論、この記事に買いてある事をするだけで1年間で7万円得します。その理由について解説していきます。

本記事の目次

  • コーヒーを毎日カフェで1年間買った場合の費用 
  • コーヒーマシンを購入し家で1年間コーヒーを飲んだ場合の費用 
  • オススメのおうちカフェ準備セット

コーヒーを毎日カフェで1年間買った場合の費用 


まずはこちらの表をご覧ください。

1年間コーヒーを毎日外でテイクアウトした場合の1年分の費用になります。前提条件としては1杯300円程度のコーヒーを毎日買うということにしています。1杯300円と言うと安く聞こえるかもしれませんが、1年間で見ると年間11万円を超えます。11万円と聞くと非常に高額ですよね。

もしあなたが毎日300円程度のコーヒーをコンビニやカフェで買っているとしたら、あなたは1年間に11万円のお金をコーヒーで使っていることになります。

お気に入りのカフェがある場合はいいと思いますが、そうではなく惰性で買っているのであれば今すぐやめたほうがいいと私は思います。もし今毎日買っているコーヒーが惰性なのであれば、家でカフェ環境を準備する方が確実にコストパフォーマンスが優れます。では、家カフェに切り替えたらどのくらいコストが節約できるのかをご紹介します。

コーヒーマシンを購入し家で1年間コーヒーを飲んだ場合の費用 

こちらの前提条件は、「2万円程度のコーヒーマシンを新たに購入。コーヒー豆は100g / 800円程度で購入して1年間家で飲み続けた場合」のコスト表になります。

スペシャルティーコーヒーという非常に品質が高いコーヒー豆でも実は100gあたりの値段が800円から1000円程度です。100gあたり800円で購入したコーヒー豆で13杯程度抽出できるので1杯61円という計算です。

表を見ると、1ヶ月目はコーヒーマシンを2万円程度で購入すると考えるので他の月よりもお金がかかってしまいますが、2ヶ月目以降のコストの安さが驚きではありませんか?1日1杯だと仮定して1ヶ月のコーヒー代が約1,800円ですので、毎日2杯家で飲んでも1ヶ月のコーヒー代は3,600円

コーヒー豆を購入し家でゆっくりコーヒーを飲む。これでさえ優雅に聞こえるのにも関わらず、外でコーヒーを買うよりも半分以上コストが安くなるのです。この表で見ていただいて分かる通り、外コーヒーとの差分はざっくり1年間で7万円ですね。

私がオススメできるコーヒー豆の通販をこちらに貼っておきます。もちろん全て職人の自家焙煎です。

外で買い続ければ1杯300円年間費用11万円
家でゆったり飲めば1杯61円年間費用4万円

私は家にいることが多いのでも、ちろんコーヒー代に関しては1年間で4万円程度かもしれません。ただ、お出かけか好きな方やカフェ巡りが趣味な方はそれにお金を費やすと決めている方も多いでしょう。そのような方は心から満足して外でコーヒーを購入していると思われるので上記のコスパだけでは測れないでしょう。

おうちでコーヒーを飲みたいけれど、コーヒーマシンと自分でドリップするのは何か大きな違いがあるの?そう思った方はこちらの記事でコーヒーメーカーとハンドドリップの違いについて解説していますので是非参考まで。

繰り返しになりますが、もしあなたが惰性で毎日コーヒーを外で購入しているのであれば絶対におうちコーヒーに切り替えた方が経済的にもメリットがあることは間違いありません。価格別の私がお勧めできるコーヒーマシンをこちらにいくつか並べておきますので、興味がある方はチェックしてみてください。

結論:今すぐコーヒーマシンを買って、美味しく年間7万円を節約しよう

筆者お勧めコーヒーマシン

初心者用:ハリオ コーヒーメーカーHARIO V60珈琲王2 EVCM2-5TB(まず初めに買うならこちらが間違い無いです)

長く使いたい人用:【エントリーモデル】デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ミルク泡立て:手動 ブラック ECAM22112B(正直5年は使えます。文句なしの一台)

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。

【関連記事】