【フランス人に聞いてみた】ヨーロッパ流コーヒーの嗜み方フランス編

COFFEE

こんにちは。「在宅ワーカーのためのコーヒーブログ」シンジです。(この記事は3分で読めます)

本記事の目次

  • フランス式コーヒーの楽しみ方インタビュー
  • 筆者の感想

今回はフランス人の友人にコーヒーについてインタビューができたのでそれをお届けしたいと思います。彼は日本に留学生として数年ほど滞在していた経験もあるので日本とフランスのコーヒーの違いについても聞いてみました。

Q(筆者).フランスではコーヒーを飲むことは一般的ですか?
A(友人).もちろんです。ほとんどの人がコーヒーを飲む習慣を持っていると思います。時間帯は朝ご飯のタイミングで飲む人が多い様な印象で、昼食後はテイクアウトで楽しむ事が多いと思います。私はコーヒーマシンを持っているので自分で近くの焙煎所から豆を購入して家で飲みますよ。

Q.では、どのような種類のコーヒーがよく飲まれていますか
A.濃いエスプレッソである「リストレット」が人気ですね。

Q.コーヒー以外に人気なフランスの飲み物はありますか?
A.赤ワインやビールですね。食事をするときや昼食の時には白ワインを合わせるのがフランス式の伝統です。

Q.日本の飲み物で好きなものはありますか?
A.緑茶、ゆずドリンク、すごく日本的なものが留学当時美味しく感じたのを覚えています。

Q.日本で飲んだコーヒーについてどう思いますか?
A.とても質が高いと思います。いろいろなアレンジドリンクが印象的だったようにも感じます。ただし、日本の缶コーヒーは好きじゃない。なぜこんなにたくさんの本格珈琲店が多いのに、みんな缶コーヒーを飲んでいるのだろうという不思議な感じはありました。

筆者の感想

やはりどの国でもコーヒーを飲むことを習慣にしている人は多いのだなと再確認する事ができました。特にフランスに関しては濃いエスプレッソであるリストレットが主流だというのは驚きでしたね。ワインに関しても独自の伝統があって素敵だと感じました。日本の緑茶も海外では人気だという話は有名ですが、本当だったのですね(安堵)

今後もインタビューシリーズは可能な限り行っていきたいと思いますので是非楽しみにしておいてください。

イタリアとスウェーデンのコーヒーの楽しみ方はこちらの記事でまとめています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。

【関連記事】