コーヒーにミルクを入れて飲むのは邪道なのか【プロの本音】

COFFEE

こんにちは。「在宅ワーカーのためのコーヒーブログ」シンジです。

本記事は、コーヒーとミルクの関係性についてです。コーヒーはブラックで飲まなきゃいけない。ミルクを混ぜるのは子供だ。そう思っていませんか?

実はコーヒーとミルクは相性が非常に良いのです。是非この記事でコーヒーとミルクの相性について学んでみてくださいね。

動画版でも解説していますので、聞き流したい方はどうぞ。

本記事の目次

  • コーヒーの正しい飲み方 
  • コーヒーとミルクの美味しい組み合わせ
  • まとめ

コーヒーの正しい飲み方

結論、コーヒーの正しい飲み方というのは存在しません。なぜならコーヒーというのは嗜好品でありそれぞれ個々人によって楽しみ方が違うからです。

コーヒーの正しい飲み方を議論するのは、例えばどのお酒が世界で一番美味しいかと議論するのと全く同じで人それぞれ答えが違うので絶対にこの議論には答えがありません。ですのであなたにとって良いと思うコーヒーの飲み方を続ければ良いというのが私の意見です。

ただし美味しいコーヒーを入れるためのいわば一般的な共通認識の方程式のようなものは存在します。それについてはハンドドリップのレシピをこちらの記事で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

コーヒーとミルクの美味しい組み合わせ


コーヒーとミルクあるいは豆乳を組み合わせると実はとっても美味しいのです。
私もコーヒーを始めたての頃は、ドリップコーヒーや何も入れないエスプレッソだけが本物のコーヒーだ、と思っていた時期があります。しかしコーヒーに触れれば触れるほどコーヒーそのものの美味しさと、他のドリンクと交わりあった時の違う側面の両方を楽しめるようになり、コーヒーを他のものと混ぜてみたくなるような気持ちにもなります。ではここでコーヒーとミルクの美味しい組み合わせをいくつか紹介しておきます。

カフェラテはその中で最も一般的なものでしょう。カフェラテの作り方は簡単でエスプレッソマシンで抽出したエスプレッソショットにミルクを合わせるだけ。

アイスカフェラテの場合はグラスに氷を入れ先にミルクを入れておきます。最後に抽出が終わった直後のエスプレッソショットを垂らします。

冬場に飲みたいホットカフェラテの場合は電子レンジでミルクを温めて準備しましょう。スチーマーを持っている方はスチーマーで泡立ててもいいかもしれません。スチーマーよりも電子レンジの方が家庭にある一般的なものなので、電子レンジでもホットカフェラテを作る事ができるということをお伝えしておきます。電子レンジで牛乳が暖まったらその上からエスプレッソを落とすだけ。お店のようにふわふわとしたミルクにはなりませんが味はしっかりとしたカフェラテになりますよ。

カフェオレはブラックコーヒーあるいはドリップコーヒーと呼ばれるものとミルクを混ぜ合わせたものです。ご自宅でハンドドリップをする形はカフェオレが作りやすいのではないでしょうか?作り方は非常に簡単です。牛乳の扱い方はホットとアイス両方ともカフェラテと同じです。肝心のコーヒーは、カフェラテで使っていたエスプレッソがブラックコーヒーに変わるだけです。

ブラックコーヒーは通常のレシピの半分位の量で濃く抽出しておきます。これはコーヒーと他のドリンクを混ぜ合わせるときに、そのドリンク自体の濃度を考えてのことです。アイスコーヒーを抽出する時も同じように濃く抽出します。なぜなら、飲んでいる時に氷が途中から溶けてだんだんと薄くなっていくことを考慮しているからです。

豆乳ラテ・豆乳オレという楽しみ方もできます。こちらは上記で説明したカフェラテとカフェオレの牛乳を豆乳に変えるだけです。私は実は牛乳をほとんど飲まないため、普段は豆乳オレと豆乳ラテを飲みます。豆乳と合わせてもおいしいのがコーヒーのなんともずるいところ(笑)

まとめ:基本を抑えれば自分流でOK

結論をまとめるとコーヒーの正しい飲み方というのは存在しません。嗜好品なので人それぞれ違った楽しみ方があります。ですので、一般的に美味しく淹れられると言われているレシピを守りながら自分なりにアレンジを加えていき、自分だけのコーヒーの世界観を作り上げていくことが楽しいと思います。

ちなみに、おうちで使うコーヒー豆を買うときは3つのポイントに気をつけてください。せっかく牛乳や豆乳と合わせても、鮮度の悪いコーヒー豆じゃ楽しめませんよね?コーヒー豆の選び方がイマイチわからないあなたのために↓こちら↓に情報をまとめておきました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。