コーヒー初心者がハンドドリップから始めるべき3つの理由【本質】

COFFEE

こんにちは。「在宅ワーカーのためのコーヒーブログ」シンジです。

ハンドドリップは難しいと思われがちで敬遠される傾向にありますが、実は難しい以上にメリットがあります。これからコーヒーを長い間趣味で続けていきたいと思っているあなたに是非読んで欲しい記事です。

動画版でも解説していますので、聞き流したい人はぜひ。

コーヒー初心者がハンドドリップから始めるべき3つの理由【本質】

  • ハンドドリップの特徴①一番シンプルで一番難しい
  • ハンドドリップの特徴②コーヒーの味が一番ストレートに出る
  • ハンドドリップの特徴③見た目がかっこいい

ハンドドリップの特徴①一番シンプルで一番難しい

ハンドドリップの印象を一言で述べるとすれば「一番シンプルで一番難しい」に尽きるでしょう。ハンドドリップは、ドリッパーと呼ばれる器具を使ってコーヒー豆の真上からお湯を注いで抽出するというめちゃくちゃシンプルな方法です。もっと短く言えば、お湯を垂らすだけ

なぜ一番シンプルなのに一番難しいのかというと、それは味が淹れる側の技術に大きく左右されるからです。はっきり言ってしまえば、下手な人が淹れればまずいコーヒー、熟練のバリスタが淹れれば美味しいコーヒーが抽出されるのです。

つまり、初心者のうちから難しいけれど本質であるハンドドリップに挑戦することで、コーヒーの奥深さを学ぶ事ができる。では、なぜそんな難しいハンドドリップという手法が今尚根強い人気を誇っているのでしょうか?

ハンドドリップの特徴②コーヒーの味が一番ストレートに出る

ハンドドリップが今も根強い人気を誇っている理由の一つでもあるのですが、ハンドドリップがコーヒーの味が一番ストレートに出る抽出方法だからです。ハンドドリップの様子を見ていただくとわかると思いますが、ごまかし一切無しの技術勝負。といった感じが見て取られます。

もちろん美味しいコーヒーはミルクと混ぜても美味しいのですが、コーヒーを一番おいしい状態でいただこうと思えばもちろん「素のまま」つまりブラックです。新鮮な刺し身を醤油などをつけずに食べる考え方と似ています。

初心者はまだまだコーヒーの知識と味のインプットが足りません。ですので自分のコーヒーに関する技術を磨くためという意味もあるのですが、コーヒーそのものの味を知るという意味では、初心者こそブラックコーヒーしか抽出できないハンドドリップをメインの抽出方法にすべきだと思います。

ハンドドリップの特徴③見た目がかっこいい


初心者のハンドドリップから始めるべき最後の理由は、見た目ではないでしょうか。見た目がかっこいいともちろんモチベーションにつながります。

なぜモチベーションが必要かと言うとコーヒーは本当に奥が深く勉強すればするほどだんだんと難しい世界に突入していきます。

私も初心者の頃そうだったのですがハンドドリップを始めてしばらくすると、やはり自分の技術のなさやコーヒーの奥の深さに気がついて一時期コーヒーが嫌いになりそうな時がありました。

ですが周りの友達から「コーヒーを入れてるシンジってかっこいいよね」と言われたり「今度デートに行くんだけどおしゃれなカフェ知らないかな」と相談されたり、コーヒーとカフェをきっかけに会話が生まれることが多々ありました。

私がコーヒーを始めたのは大学1年生の時なのですが、美味しいコーヒーショップをめぐり歩いてたくさんのおしゃれなカフェを知っていました。

それを頼ってか友人から外出先としてのおすすめのカフェを聞かれたりすることがよくありましたつまり友人たちの中では私はコーヒーを知っているおしゃれなかっこいい奴という認識になっていたのです。

このようなことがあったため趣味としてのコーヒーに真剣に向き合っていてスランプに陥った時期を乗り越えることができました。

少し精神論のような話にも聞こえますがやはり趣味としてコーヒーを続けるなら、コーヒーをしている自分はかっこいいと言う自覚があっても良いと思います

むしろそれがモチベーションになればコーヒーを趣味として長く続けることができるでしょう。

その時の甲斐あってか、私はコーヒーの趣味歴10年となった現在も毎日息をするようにコーヒーを飲んだりコーヒーのことを考えたりこうやってコーヒーをお仕事にさせて頂いています。

ハンドドリップを始めたい方向けにオススメスターターセットをこちらの記事でまとめています。是非参考にしてみてください。

本記事のまとめ

  • 初心者はハンドドリップから始めるべき
  • ハンドドリップの特徴①一番シンプルで一番難しい
  • ハンドドリップの特徴②コーヒーの味が一番ストレートに出る
  • ハンドドリップの特徴③見た目がかっこいい

【関連記事】

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。

【初心者のためのコーヒーWikipedia】
インターネット上でのコーヒー大辞典の完成を目指して毎日コツコツ作成中。万里の長城を築く思いですが、全国のコーヒー好きのために奮闘中。