【年間7万節約可能】おうちコーヒーの始め方【5ステップで解説します】

COFFEE

「コーヒーは毎日飲んでいるけど正直毎日のコーヒー代が気になる。だからおうちコーヒーを始めたいという気持ちはあるけど手順がわかりません。具体的な方法を教えてください。」

このような疑問に答えていきます。

☑️本記事のテーマ

【年間7万節約可能】おうちコーヒーの始め方【5ステップで解説します】

おうちコーヒーの始め方

  • ①現状把握 :現在のコーヒー代は年間いくら?
  • ②基礎学習1:そもそもなんでおうちコーヒーの方がいいの?
  • ③基礎学習2:コーヒーについて知っておくべき事
  • ④機材準備 :おうちコーヒーの環境を整える
  • ⑤楽しむ! :おうちコーヒーの世界にどっぷりと

本記事の信頼性 

在宅ワーカーのためのコーヒーブログ執筆者のシンジと申します。記事を書いている私は、おうちコーヒー歴10年ほど。2019年に法人向けコーヒーーサービスの会社を起業し、累計25,000人以上の頑張るサラリーマンたちにコーヒーサービスを3年以上提供している現役のコーヒービジネスオーナーでもあります。そんな私が、おうちコーヒーの始め方をやさしく解説します。

読者さんへの前置き

本記事は「これからおうちコーヒーを始めたいと思っているけれど、何から始めたらいいかわからない。」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「今の自分のコーヒーの状況の整理、コーヒーについて知っておきたい事、具体的なおうちコーヒーの始め方」などのあらゆる情報が手に入れられます。

「毎日のコーヒー代高いなぁ・・・」と感じているあなたにとって、これからのあなたの人生の最良の友となるおうちコーヒー

大学生の時にコーヒーにハマり始めて趣味として続け、ついには起業にまで至った私が順を追ってわかりやすい言葉で解説していきますので、是非読み進めていってくださいね。それでは、本題に移りたいと思います。

①現状把握:現在のコーヒー代は年間いくら?

あなたの現在のコーヒー代はざっくり年間約11万円だと思います。

まずはコーヒーの単価のお話をしましょう。今の日本でコーヒー1杯はいくらでしょうか?某有名コーヒーチェーン店だと1杯200円〜300円程度、自家焙煎をしている味にこだわりのあるコーヒーショップだと1杯500円くらいが相場です。

では、あなたはコーヒーをどのくらいの頻度で飲みますか?毎朝何かしらのコーヒードリンクを飲む習慣がある人は多いと思います。

チリも積もれば山となる。仮に300円のコーヒーを1年間毎日買い続けたとしたら、何とあなたのコーヒー代は約11万円にもなります!!!(正確には109,500円)

「え・・・俺ってそんなにコーヒーにお金払ってたの・・・」ってなりますよね?笑

ちなみ私のコーヒー代は、前後しますが年間約4万円でずっと推移しています。私ももちろんカフェでコーヒーをテイクアウトしたりする事もありますが、コーヒー代は基本年間4万円から大きくずれる事はありません。

コーヒー以外にも自宅でゆったりドリンクを楽しむ事が好きな私の、健康メリットもある日々のドリンクルーティンを「【コーヒー歴10年】私のドリンクルーティン紹介」の記事で紹介していますのでどうぞ。

理由として一番大きいのが、私は基本的に家でコーヒーを飲む習慣があるからです。自分でハンドドリップをする事もあれば、エスプレッソマシンに任せてカフェラテやカプチーノを作ってもらう事もあります。

ここまで読まれた方ならもうお気づきでしょう。結論、おうちコーヒーをメインにするだけでコーヒー代を年間約7万円節約する事ができます

「家で飲むだけでそんなに変わるの?」「マシンって結構高いんじゃないの?」「俺コーヒー詳しくないし・・・」

そう思われるあなたの声が伝わってきましたので順番に説明していきます。

②基礎学習1:そもそもなんでおうちコーヒーの方がいいの?

そもそもなぜカフェでコーヒーを買うよりもおうちコーヒーの方がメリットがあるのでしょうか?

あなたが毎日(定期的でもいいです)飲んでいるコーヒーは美味しいですか?気に入っている味で、美味しいのであれば最高ですよね。

でも大抵の場合は、惰性で通勤中の道にある自動販売機で缶コーヒーを無意識に買っていたり、家の近くにあるからという理由だけでチェーン店のコーヒーを買っていたりしませんか?

実は私も昔はそうでした。家の近くにあるからという理由で某チェーン店に足を運んでいましたが、それは決して「美味しいから」という理由ではなかったことに後々気づくのです(5年かかりました笑)

最近だと、2020年序盤に流行しだした新型コロナウイルスの影響もあり、以前に増して在宅勤務を導入する企業が増えています。

在宅勤務となると「家=仕事場」になるため、生活と仕事の線引きがなかなかしづらくなるのも無理ありません。

朝から晩まで家にこもって仕事をしていると、さすがに息抜きに外出をしたくなる気持ちもわかりますが、毎日カフェまでコーヒーを買いに行っていると年間約11万円もコーヒーにお金を使っていることになります(重要なポイントなので何度も繰り返します笑)

私は起業してからはいわゆる在宅勤務を3年以上続けています。もちろんカフェで作業をした事もありますし、シェアオフィスのような場所で作業や打ち合わせをしていた時期もあります。その中で一つだけ気がついた事があります。それは、おうちカフェには、他にはない最大の落ち着きと静寂があるという事。

↑おうちコーヒーの時の私のリラックス度はこのくらい↑

こうやって言われると当たり前と言えば当たり前ですが、おうちコーヒーのこの魅力にたどり着くのはもはや境地のようなもので、長年おうちコーヒーを続けても尚辞められない一つの理由であるのです。

③基礎学習2:コーヒーについて知っておくべき事

コーヒーについて知っておくべき事の1つ目は「コーヒーも生産地によって味わいが大きく変わる」という事です。

あなたは日本酒、ビール、ワインが好きですか?日本酒やビール・ワインが好きな方は、産地や各土地によって異なる味わいや特徴(通称:テロワール)に楽しみを見出していると思います。

コーヒーも同じように、生産地によって味わいや豆のコンディション・適切な焙煎度などが異なってきます。ですので日本酒の地酒やワインと同じように、「違いを楽しむ」という事ができるため、趣味として長く楽しむのにも十分な飲み物だと言えます。

また、コーヒーには焙煎士という職人が介する工程がある事から職人のカラーが出るいわば芸術のようなものなのです。同じ農園からきたコーヒー豆でも焙煎する職人が違えば全く違うコーヒー豆に仕上がります。(↓こちらのブログで世界のメインのコーヒー生産国とその特徴についてまとめています)

農園管理から職人の焙煎、プロの抽出・・・さぞかしコーヒー豆はお高いんじゃないかと思われがちですが、実は品質の良いコーヒーの値段はそこまで高価ではないんです。これを知っているか知らないかで私たちのコーヒーライフの質は大きく変わってくる事でしょう。

もしあなたが正しく収穫・焙煎されたコーヒー豆を購入する適切な場所を知ってさえいれば、安心して毎日コーヒーを飲む習慣を手に入れられますよね?

ですので、こちらに私がオススメできる東京都内のスペシャルティコーヒーショップのお店一覧と、遠方の皆様も購入可能なように、私がオススメするコーヒー豆のネット通販をご紹介しておきます。ネット通販はもちろん職人が焙煎したものですのでご安心ください。

④機材準備 :おうちコーヒーの環境を整える

さて、おうちコーヒーを始めるためにはいくつか機材を揃える必要があります。

まずは、タイトルにもある通り私がオススメできる「速攻年間7万円節約」をするためにはこちらのHario製の「珈琲王」シリーズの最新モデルです。

なぜこのマシンを購入すると年間7万円を今すぐ節約できるかをこれから説明します。

1年間コーヒーを毎日外でテイクアウトした場合の1年分の費用になります。前提条件としては1杯300円程度のコーヒーを毎日買うという条件で、1年間合計で見ると年間11万円を超えます。次に、下の画像をみてみてください。

↑こちら↑の前提条件は、「2万円程度のコーヒーマシンを新たに購入。コーヒー豆は100g / 800円程度で購入して1年間家で飲み続けた場合」のコスト表になります。

スペシャルティーコーヒーという非常に品質が高いコーヒー豆でも実は100gあたりの値段が800円から1000円程度です。100gあたり800円で購入したコーヒー豆で13杯程度抽出できるので1杯61円という計算です。

表を見ると、1ヶ月目はコーヒーマシンを2万円程度で購入すると考えるので他の月よりもお金がかかってしまいますが、2ヶ月目以降のコストの安さが驚きではありませんか?1日1杯だと仮定して1ヶ月のコーヒー代が約1,800円です。

ここで、浮いたお金を確認しましょう。

11万円(外コーヒー) – 4万円(家コーヒー) = 7万円(浮いたお金)

7万円節約できましたよね?(笑 めっちゃ簡単!!!

重要ポイントをもう一度復習しておきましょう。

  • 2万円くらいのコーヒーマシンを購入しておうちコーヒーに切り替えるだけで年間7万円の節約になる。

今あなたがもし欲しいものがあれば、まずは毎日のコーヒー代を節約することが最も簡単な方法だと思います。ここで一つ忘れてはいけないのが、コーヒー代を節約するとは言っていますが、コーヒーのクオリティを落とすとは言っていない事です。コーヒー代を節約することとコーヒーのクオリティーを落とす事は必ずしもイコールではありません。こんな小型マシンが年間7万円もあなたのお金を浮かせることができるなんて、ありがたい話ですよね・・・

もし仮にあなたがハンドドリップを始めたい方と思うのであれば、↓こちら↓のスターターセットがオススメです(買うなら3つともHarioで揃えた方がインテリアとしても映えます)

⑤楽しむ! :おうちコーヒーの世界にどっぷりと

おうちコーヒーを楽しむコツは、楽しむ!笑。当たり前ですがおうちコーヒーを始めると「好きなタイミングで好きなドリンクを飲める」「静かな環境でカフェタイムを楽しむことができる」「コスパが最強」この3点のメリットを間違いなく得られます。

他にも、おうちカフェは自分で自分のドリンクを作るのが定番なので自由にドリンクにアレンジを加えられるという楽しみ方もできます。カフェで出てきたドリンクだと「もう少し量が欲しい」「砂糖の量が多い/少ない」という自分の好きなちょうど良いバランスのドリンクまでもう一歩・・・ってことがあると思います。でも家だと砂糖は好きなだけ入れられるし、量も自分でコントロールできるので常に”完璧な”コーヒーやドリンクを作ることができます。

家でコーヒーを淹れる習慣がつくと、もちろんより詳しいコーヒーの知識がつきます。コーヒーの知識がつくことで、カフェに行った時に美味しいコーヒーを見分けることができるので、「このドリンクは自分好みだな」とか「これはやめたといた方がいいだろう」という判断が瞬時に直感でできるかもしれません。

最初に準備すべきもの

私が絶対にオススメできるコーヒー代の節約を超簡単に手伝ってくれるマシンはAmazonでも購入することができますので、今3分ある方は絶対に買っておいた方がいいです。ちなみに私は今3年程度使っていますが、全く壊れません。笑

これは本当に買いです。。。

最後に大切なことをもう一度復習すると、おうちコーヒーは年間4万円、外でコーヒーを買い続けると年間11万円。惰性で外でコーヒーを買い続けているのであればおうちコーヒーにするだけで、年間7万円のコストを浮かせることができます。是非あなたもおうちコーヒーの仲間入りをしてみませんか?

おまけ

おうちコーヒーを始めたい方で、せっかくならハンドドリップとかおしゃれにコーヒーをしてみたい!という方向けに、動画でハンドドリップのやり方を初歩から解説しています。

是非参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。

【初心者のためのコーヒーWikipedia】
インターネット上でのコーヒー大辞典の完成を目指して毎日コツコツ作成中。万里の長城を築く思いですが、全国のコーヒー好きのために奮闘中。