【超オススメ】自宅にコーヒーマシンを持つ3つのメリット

COFFEE

こんにちは。「在宅ワークの味方コーヒーブログ」シンジです。(この記事は6分で読めます)

本記事では、おうちにコーヒーマシンを持つ3つのメリットに着いて解説していきます。新型コロナウイルスの影響で、今まで外でしていた事を家の中でする人が増えたと思います。コーヒーはその一番典型例ではないでしょうか。コーヒーマシンを買おうか迷っている人に役に立つ情報なので是非参考にしてみてください。

本記事の目次

  • コーヒーマシンを持つメリットその1:コスパ最強
  • コーヒーマシンを持つメリットその2:時間短縮
  • コーヒーマシンを持つメリットその3:専門知識不要

コーヒーマシンを持つメリットその1:コスパ最強

コーヒーマシンを1台家に持っておくメリットはコストパフォーマンスにあると思います。こちらの記事で詳しくまとめていますが、外で毎日コーヒーを買うのと家でコーヒーを飲むのを比較すると1年間で7万円ほどおうちコーヒーの方が安くなります


しかもおうちコーヒーだと自分の好きなタイミングでいつでも飲むことができるので、お店のように誰かのレジ会計を待つと言う必要はありません。外のカフェで購入するコーヒーには人件費やカフェの賃料などが含まれています。家で作るとそのような費用は一切かからないので、当たり前のことですかおうちコーヒーの方がコストパフォーマンスは優れています。

コストパフォーマンスを重視する人はおうちにコーヒーマシンを1台持っておくと良いでしょう。

コーヒーマシンを持つメリットその2:時間短縮

コーヒーマシンを1台家に持っておくメリット2つ目は時間短縮だと思います。正直コーヒーマシンは使い方を覚えればボタン1個で温かいコーヒーを抽出してくれます。なので朝にコーヒーを抽出する時間を省略したい人にはコーヒーメーカーはぴったりだと思います。

在宅で仕事を行うあなたは、朝か昼ごはんのあとにコーヒーを飲む事が多いのではないでしょうか?在宅ワークが主流になり出社の時間が短縮できたとはいえ、朝の時間は過ぎるのが超絶はやいのは事実・・・仕事がない土曜日や日曜日の朝ならゆっくりハンドドリップやフレンチプレスなどをして過ごせると思いますが、いくら在宅勤務とはいえ平日はそうはいかないと思います。

ですので、例えば平日はコーヒーマシンでさっとコーヒーを準備する、でも週末や休みの日はハンドドリップや他の抽出器具でじっくりとコーヒーを味わうといった方法もあるでしょう。

コーヒーマシンを自宅に持つメリットは忙しくてハンドドリップなどでコーヒーが準備できそうにない朝でも短時間でコーヒーが準備できるという点にあると思います。

コーヒーマシンを持つメリットその3:専門知識不要


コーヒーマシンを1台家に持っておくメリット3つ目は、専門知識を勉強する必要がないということです。

ハンドドリップやフレンチプレスなどのアナログな抽出器具だとコーヒー豆の量やお湯の温度の細さを間違えるとおいしいコーヒーができません。さらにそれらの抽出方法は慣れるまでに半年から1年と時間がかかるため、最初は美味しく抽出できない人がほとんどです。

もしあなたがコーヒー器具を使って抽出する趣味を欲しいと思っていないのであれば、コーヒーマシンはあなたにとって最大の味方になるでしょう。コーヒーマシンは、説明書通りにコーヒー豆を用意して順番にボタンを押すだけで美味しいコーヒーを必ず毎回抽出してくれます。なので美味しいコーヒーを飲むのに専門知識を学ぶ必要がないのがメリットです。逆に、これからハンドドリップなどの伝統的な抽出方法を学びたい人はコーヒーマシンに頼るのではなく頑張って毎日練習していく必要があると思います。

コーヒーマシンは自分でコーヒーを抽出するのは面倒くさいけれどできるだけ短時間でおいしいコーヒーが出来上がってほしいと思う人にぴったりですので、本記事3点に当てはまる人は購入を考えても良いのではないでしょうか?

私も自宅で使用している、超オススメのコーヒーマシンのAmazonリンクを貼っておきますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。

【初心者のためのコーヒーWikipedia】
インターネット上でのコーヒー大辞典の完成を目指して毎日コツコツ作成中。万里の長城を築く思いですが、全国のコーヒー好きのために奮闘中。https://crackroaster.com/2020/10/22/coffeewikipediaforthebegginer/