コーヒーを飲むと太る?あなたが知らないコーヒーの真実

COFFEE

こんにちは。「在宅ワークの味方コーヒーブログ」シンジです。

先生、甘いコーヒー飲むと太るって聞いたんですけど、ホントですか???

本記事では、こういった疑問に回答して、深掘りしていきます。

基本コーヒーを飲んでも太らないけど飲み方によっては太る

毎日コーヒーを飲む方であれば、コーヒーに砂糖を入れる派と入れない派に分かれると思います。

スペシャルティコーヒーショップで販売しているコーヒーには砂糖が入っていないことがほとんどですが、逆にコンビニや自動販売機で売っている、いわゆるボトリングされたものには必ず砂糖が入っています

次に買うときに裏の原材料表記のところを見てみてください。思いっきり書いてますから。

大量生産の市販コーヒーにはほぼ確実に砂糖が入ってる



そんなこと言われても甘いコーヒー好きだし、どうすればいいか教えてよ。

そういう声も聞こえます。なので次の段落では砂糖が入っていないけど甘いコーヒーについて話したいと思います。

砂糖が入っていないけど甘いコーヒーの話

結局のところ、コーヒーに砂糖を入れる人って苦いコーヒーが苦手だからコーヒーに砂糖を入れていると思うんですよね。過去の自分もそうでしたし、コーヒーは苦いものっていう先入観がある人は結構多い気がします。

苦くないコーヒーがあるのかと聞かれると、実はあります。

コーヒーは苦い→甘いコーヒーじゃないと飲めない→砂糖を入れる→糖質が原因で太る 

のループにハマっている人は、

甘いコーヒーを飲むと太る」と勘違いしていると思いますが、甘いコーヒーが飲みたいのであれば、砂糖が入っていなくて甘いコーヒーを飲めばいいんじゃないでしょうか?

砂糖が入っていない甘いコーヒーを飲むと太らない。砂糖入ってないから。笑


【解決策】浅煎りコーヒーかカフェラテを飲みましょう

以下の3つのコーヒーであれば結論苦くないですし、砂糖を入れなくても全然飲めます。

  •  浅煎りコーヒー
  •  カフェラテ
  •  カプチーノ

コーヒーが苦くなる理由は1つしかないのですが、それは「深煎りに焙煎した」ということだけです。

一般的に世に出ているコーヒーのほとんどが深煎りコーヒーの場合が多いので、コーヒーは苦いものという認識が定着したのだと思います。

砂糖を入れなくても甘いコーヒー

私もコーヒーを飲み始めた頃は砂糖を必ず入れていました。理由は超シンプルで「苦いの嫌だから」。しかし、浅煎りに出会ってから砂糖を入れなくなりました。

ですが、エスプレッソには砂糖を入れます。理由は簡単でエスプレッソ発祥の地イタリアでは砂糖を入れてエスプレッソを飲むのが常識だからです。

砂糖を入れるのはエスプレッソショットだけにした方が良い

なのであなたにはまず、騙されたと思って浅煎りコーヒーを飲んで欲しい。浅煎りコーヒーが甘い理由は、焙煎度が浅いためコーヒーの苦味成分を引き出していないから。特にブラックコーヒーで飲むと甘くてサラッとして紅茶みたいな味がします。

カフェラテやカプチーノが甘い理由は、ミルクと混ざっているから。特に浅煎りのコーヒー豆で準備したカフェラテやカプチーノは、苦味が一切ない。

もし浅煎りの豆を使ったカフェラテが苦いとしたら、賞味期限の切れた豆を使っている不良店なので次からその店には行かないようにしてください。

別記事で、浅煎りコーヒーが美味しい都内のお店を紹介しているのでお出かけの際はぜひ参考にしてみてください。

結論

甘いコーヒーが好きで毎日甘いコーヒーを飲みたい人は、結論浅煎りコーヒーかカフェラテを飲みましょう。

 今後のためにこちらで浅煎りと深煎りの違いを勉強しておくと役立つと思います。お店でどのコーヒーが浅煎りかを見分けられるようになると便利ですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。