【疑問解決】コーヒーを飲むと空腹になる理由【コーヒーNG時間帯も解説】

COFFEE

こんにちは。「在宅ワークの味方コーヒーブログ」シンジです。

コーヒーを飲むとすぐに空腹になるけどなんで?コーヒーアレルギーとかないか心配です。

本記事では、この質問に対して解説していきます。

コーヒーを飲む前に食事は必須

結論、「必ず何かを食べてからコーヒーを飲もう」ということです。以下、これについて深掘りしていきます。

まず、コーヒーは食欲増進作用があるため、いつ飲んだとしても空腹になる原因となります。コーヒーに含まれるカフェインが食欲を増進することが知られています。

もし空腹の状態でコーヒーをブラックで胃に投入すると、すさまじい空腹感に襲われるのは合点がいきますよね。

お腹いっぱいの状態でコーヒーを飲んだとしても夕方になると空腹感が一気に襲ってきますので、空腹状態でコーヒーを飲むことは強くお勧めできないです。

僕の場合、「空腹の状態で飲むと胃が刺激されてろくなことが起こらない」ということがわかっているので、コーヒーを飲むときは必ず胃に何かものが入っている時と決めています。

空腹でコーヒーを飲むとお腹が空きすぎて大変なことになります。避けましょう。

過去に、昼食前にブラックコーヒーを飲んだ事があるんですが、気分が悪くなった上に急にお腹が空いてきたりしてびっくりして、全然仕事にならなかった記憶があります。

空腹の状態だけど何か水以外の味がついたドリンクを飲みたいなら、ノンカフェイン紅茶がオススメですよ。セレッシャルシーズニングっていうノンカフェイン紅茶は僕のお気に入りです。

僕はいつもアマゾンで買ってるのでリンクも貼っておきます。20パックぐらい入っていて、1,000円切ってるので結構お得。1パックでコップ2杯分ぐらい抽出できるのでまじでコスパいいです。

コーヒーを飲むなら昼食後がベスト

1日の時間の中でコーヒーを飲まない方がいい時間というのも存在します。まずそれは寝起き直後。寝起き直後のコーヒーは絶対に避けるべきです。

人体からは、コルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは、体の活動を活発にする作用をもつホルモンで、人間が起床してから約1時間程度で分泌されます。通説によると、朝8時~9時の間に分泌されることが多いようで、まさに起床してからすぐ、といった時間ではないでしょうか?この時間は、コルチゾールの分泌がされる前の時間帯ですので一切のカフェイン飲料の摂取が推奨されません。

つまり、無理やり目を覚ます感覚でコーヒーを流し込むとコルチゾールの自然分泌に影響を与えていまい、「コーヒーがなければ起きられない体質」に変わってしまいます。起きてから水以外に何かドリンクをすぐにでも飲みたい方にオススメできる体を温めるノンカフェインドリンクを以下で解説していますので参考にしてみてください。

今後気をつけておきたい事についてまとめると、以下のようになります。

  • コーヒーは食後に限る。昼食後がベスト。
  • コーヒーを飲みたいと思ったらまず食事をする。
  • 寝起きすぐのコーヒーは避ける

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフ/在宅ワークに役立つと幸いです。