【真相解明】寝る前にコーヒーを飲むと寝れない理由

COFFEE

こんにちは。「在宅ワークの味方コーヒーブログ」シンジです。

寝る前にコーヒー飲まない方がいいって聞くけど、本当なんですか?

今回はこういった質問に回答していきたいと思います。

結論寝る前のコーヒーは避けましょう。理由も解説。

結論、寝る前のコーヒーはオススメしません。理由はコーヒーに含まれているカフェインにあります。カフェインは刺激物質で、人間の交感神経を刺激します。簡単にいうと、脳に「起きろー」っていう働きを及ぼすわけですね。

なので、寝る前にコーヒーを飲むと、寝ようとしているのに「起きろー」って言われるようなものですから、寝付きが悪くなります

私は体質的にカフェインに敏感なので、15時以後にコーヒーを飲むと明け方まで寝れなくなることもあります。一度翌日に何もない時に実験してみたのですが、寝る直前にコーヒーを飲むと夜が一回スキップされました笑

寝る前のコーヒーは基本オススメしない

私の弟がそうなんですが、寝る直前にコーヒーを飲んでもぱったりと寝れる人もいます。しかしその確率は低く、ほとんどの人がカフェインの影響を受ける体質にあります。

夜に寝る前はコーヒーなどのカフェイン飲料の摂取はお勧めできませんが、昼寝の前は逆にコーヒーを飲むと言いそうです。

理由としては、ノンレム睡眠という深い睡眠に落ちる前に摂取したカフェインが原因で目覚めるから。

昼寝は長く寝過ぎたらだめなのでカフェインは逆にとった方がいいかもですね。

昼寝の前は逆にカフェインお勧め。深い眠りに入るのを妨げてくれるから。

寝る前の飲み物はノンカフェインドリンクにしましょう

寝る直前に飲むとしたらノンカフェインの飲み物にした方がいいでしょう。コーヒー以外にもノンカフェイン、つまりカフェインゼロで美味しい飲み物はたくさんあります。私が気に入っている寝起きのためのノンカフェインドリンクをまとめていますので参考にしてみてください。

寝起きはノンカフェインドリンクで体を温めたり優しく起こしてあげてください。起きてからしばらく時間が経ってからコーヒーや紅茶などのカフェイン飲料を取るようにした方がいいです。

特に最近だとコロナで外出を控えたり、在宅ワーク中心になっている人も多いと思います。このサイトの基本である「美味しいコーヒーで在宅ワークを応援する」をサポートするために、おうちコーヒーの始め方をシンプルに5ステップで解説しています。

おうちコーヒー始めたいけど結局やり方わかんなくて何も動けてない

そんな方にオススメの記事になっています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたのコーヒーライフに役立つと幸いです。