美味しいコーヒーを飲むために知っておきたいアラビカとロブスタの違い

COFFEE

こんにちは。「在宅ワークの味方コーヒーブログ」シンジです。

アラビカとかロブスタってよく聞くけどナンダソレ?詳しく教えて欲しいです。

本記事ではこういった疑問に、以下の順番で回答していきます。

  • アラビカ種とロブスタ種の違い
  • アラビカ種の種類
  • 買うべきはアラビカ種一択

アラビカ種とロブスタ種の違い

アラビカ種とロブスタ種の違い

アラビカとロブスタは2大品種と呼ばれます。

アラビカ種はエチオピア原産で、病気に弱く栽培が難しい品種ですが、その高いレベルの味わいと香りが特徴です。

ロブスタ種はコンゴが原産地です。成長が早く、病気に強いですが、味わいはアラビカには及ばない。

コーヒー豆にはアラビカとロブスタの2種類がある

アラビカ種について

アラビカ種について

日本に輸入されるコーヒー豆の約60%がアラビカ種です。アラビカ種はエチオピアという国が原産のコーヒーで花束のようなフローラルさとすっきりとした酸味が特徴です。

アラビカ種のコーヒー農園は標高約1000mから2000mという高い場所で栽培されており自然災害や植物特有の病気にも弱いとされています。

そのため栽培に手間がかかり市場での価格が比較的高めになってしまいます。

品質にこだわっている自家焙煎のコーヒー屋さんのコーヒー豆はほとんどがアラビカ種100%と言う徹底ぶり。

世界各地で栽培され、質の高いレギュラーコーヒーとして使われています。

ロブスタ種について

ロブスタ種について

次にロブスタ種について説明をします。ロブスタ種は標高約300mから800mという比較的標高が低いコーヒー農園で栽培されています。

こちらは自然災害や植物の病気にも強く、栽培が簡単なため大量生産での流通が可能になっています。

インスタントコーヒーの原料などにも使われており比較的取引単価が安いのがロブスタ種の特徴です。

味わいはアラビカ種に歴然とした差を付けられてしまいますが、値段の安さは魅力の一つではあると思います。

アラビカ種の種類

アラビカ種の種類

アラビカ種には以下の6つのメジャーな品種が存在します。それぞれ解説していきますね。

特にゲイシャ種については覚えておいて損しないので少なくともゲイシャ種だけ覚えておいてください。

  • ティピカ
  • ブルボン
  • カトゥーラ
  • パカマラ
  • ティピカ
  • ムンドノーボ
  • ゲイシャ

ティピカ

ティピカとブルボンを合わせて2大在来種とも呼んだりすることがあります。

いわゆる全てのコーヒーの原種的な立ち位置ですね。味わいはクリーンでフローラル、柑橘系のような酸味や柔らかい香りが特徴です。

個人的に好きな品種の一つです。

ブルボン

アラビカ在来種の一つ。上記のティピカ種が自然的に突然変異したもの。

濃厚な香りと華やかな酸味が特徴です。ケニア産コーヒーの上位層レベルの豆によく見られます。

カトゥーラ

カツーラと表記されることもあります。こちらはブルボンの自然的突然変異の品種です。

在来種と比較すると酸味は単調になってしまう反面、ブレンドなどに使用しやすい品種。

パカマラ

エルサルバドルで開発された比較的豆のサイズが大型の品種。

生産量自体が少なく、注目度が高い品種です。

ムンドノーボ

ブルボンとスマトラという2種類の交配からできた品種です。ブラジルを代表する品種で、ブラジルサントスなどのブラジル産のコーヒーでよく見かけると思います。

酸味、甘味、苦味のバランスが非常によく、ブレンドに使用されることが多い印象を受けます。

ゲイシャ

これは絶対に覚えておきたい、トップオブトップ、いわゆるコーヒーの王様の品種です。

生産量がそもそも少ないのですが、香り高く、その上品な酸味に虜になる人続出の品種。

ただし、唯一の欠点は取引単価が超高価であること。

コーヒー豆の店頭小売価格は大体スペシャルティコーヒーだと100gあたり800円から高くても1000円なのですが、ゲイシャだと50gで1500円とかのレベル。

正直価格はやばいですので、店でプロのバリスタに入れてもらうか、ある程度ドリップなどを練習してからの方がいいでしょう・・・

結論:買うべきはアラビカ種一択

結論:買うべきはアラビカ種一択

私のおすすめは圧倒的にアラビカ種のコーヒー豆です。

もしあなたが普段インスタントコーヒーを買い慣れているのであればアラビカ種のコーヒー豆については少し高い値段だという印象を抱くと思います。

自家焙煎のこだわっているコーヒーショップだと100gあたり800円から1000円程度の価格で販売されていることがほとんどです。

100gのコーヒー豆があれば大体10から12杯程度のコーヒーが抽出できるので例えば1000円を払って12杯飲めると考えると安いですよね。

一度アラビカ種を飲んでしまうともうロブスタ種のコーヒー豆には戻れないほどの圧倒的な香り高さや味の深さ、コク、にはまってしまうこと間違いないでしょう。

もしあなたが最近お家でコーヒーを飲み始めたのであれば、ぜひアラビカ種のコーヒー豆を扱っているお店で買うことをお勧めします。

コーヒー豆をどこで買えばいいかわからない方は「【プロがおすすめ】コーヒー豆通販サイト3選」という記事を参考にしてみてください。

本記事の参考文献

コーヒーの全て

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。