コーヒー初心者が最低限覚えておくべき知識【NG例も解説】

COFFEE

こんにちは。在宅ワークの味方コーヒーブログシンジ(@muflah_shinji)です。

現役のコーヒービジネスオーナーが、おうちコーヒーの伝道師として日々ブログやYouTubeで情報発信をしています。

本記事では、コーヒー初心者が最低限覚えておくべき知識をNG例とともに解説します。
NG例を知ることで、美味しくコーヒーを飲むために絶対に避けた方がいい事を知ることができます。

✅本記事を読むメリット

  • コーヒー初心者が最低限覚えておくべき知識を知ることができる
  • コーヒーを美味しく飲むためのNG例を知ることができる

✅本記事の信頼性

本記事の信頼性

現在27歳のコーヒービジネスとITビジネスのオーナーです。(ITビジネスの方はこちらに詳細を記載しています。)

コーヒー歴10年:おうちコーヒーは趣味として18歳から続けています。

コーヒービジネス歴3年:25歳の時に法人向けのコーヒービジネスを立ち上げ、28社・25,000人以上のクライアントにコーヒーサービスを提供してきました。

スペシャルティコーヒーだけを扱い続け、実際にコーヒービジネスを経営している私が本記事を執筆しています。

(↓クライアントにサービス提供する様子)

コーヒー初心者がやりがちな間違い①豆の量を計らない

コーヒー初心者がやりがちな間違い①豆の量を計らない

コーヒーを入れる時の豆の量は絶対に測ってください。

コーヒー豆にレシピがあるのは「コーヒーを一杯作るのに必要なコーヒー豆の量【初心者向け】」という記事で紹介しました。

味噌汁に例えると、味噌を溶かしすぎたら濃い味噌汁が出来上がりますし、逆に味噌が少ないと薄すぎて味噌汁になりません。

適切な味噌とお湯の量の比率があるようにコーヒー豆とお湯の適切な比率も存在します。

なので先ほどの記事で紹介しているように、抽出器具別にコーヒー豆を軽量する必要があります。

コーヒー初心者がやりがちな間違い②豆の鮮度を気にしない

 コーヒー初心者がやりがちな間違い②豆の鮮度を気にしない

コーヒー豆には鮮度があります。

焙煎日から1か月以上たっているコーヒー豆は基本的に鮮度が落ちていると考えられています。

コーヒー豆の賞味期限って?【意外と知らない】」という記事で紹介しているように正しいコーヒー豆の保管方法を取ると、コーヒー豆の劣化を防ぐことができます

コーヒー豆を正しく保管して良い鮮度のコーヒー豆を使いましょう。

コーヒー初心者がやりがちな間違い③質の悪いコーヒー豆を購入している

コーヒー初心者がやりがちなミスその3は、質の悪いコーヒーを買ってしまっているということです。

コーヒー豆の種類は結局2種類しかないという事実」という記事でコーヒー豆にはロブスタ種とアラビカ種という2種類しか存在しないことを説明しました。

どちらが正しいということを言うつもりはないのですが、基本的にロブスタ種はアラビカ種のおいしさに勝てません

スペシャルティーコーヒーという品質が高いコーヒーは全てアラビカ種のものを使っています。

いくら良い鮮度で保管しても、そもそもロブスタ種のコーヒー豆を買っていれば美味しさの限度はあります。

本当においしいコーヒーを目指しているのであればできればアラビカ種のコーヒー豆を購入することを心がけてください。

美味しいコーヒー豆を買う方法は「初心者でもわかる鮮度の良いコーヒー豆の見分け方!」という記事で紹介しています。

コーヒー豆の通販サイトも私がオススメできるものがいくつかあります。

【プロがおすすめ】コーヒー豆通販サイト3選」という記事で紹介しているサイトは、職人焙煎のものを扱っている通販サイトばかりなので、次のコーヒー豆をどこで買おうか悩んでいる方はぜひ使ってみてください。

このようにコーヒー初心者が間違えやすいポイントは意外と皆さん共通しているようです。

もし今あなたがこの記事の間違いと同じことをしているのであれば是非改善されると良いでしょう。

コーヒー初心者が間違いやすい項目を再度まとめておきます。

  • ①豆の量を計らない⇨測りましょう
  • ②鮮度を気にしない⇨賞味期限を守りましょう
  • ③質の悪いコーヒーを買ってしまっている⇨豆は鮮度を見極めて買いましょう

最後まで読んでいただきありがとうございます。本記事があなたの快適なおうちカフェライフの役に立つと幸いです。