【wacaco】手動エスプレッソマシンの価格/使い方/注意点を徹底解説

COFFEE

こんにちは。在宅ワークの味方コーヒーブログシンジ(@muflah_shinji)です。

現役のコーヒービジネスオーナーが、おうちコーヒーの伝道師として日々ブログやYouTubeで情報発信をしています。

コーヒーで在宅ワークを快適にする」をモットーに在宅ワークをしているコーヒー初心者向けのブログを書いています。

手動エスプレッソマシン「wacaco」の価格/使い方/注意点を徹底解説します。
意外と使い心地抜群だったので、購入を迷っている方は是非参考にしてみてください。

Wacacoとは?価格は?感想も紹介します

Wacacoとは?価格は?

まず最初にWacacoとは何かを解説します。

Wacacoとは、お湯とコーヒー豆さえあればエスプレッソ抽出できる、電気いらずの手動エスプレッソマシンです。

エスプレッソマシンは通常9気圧と言う高い圧力で抽出するため電気が必要になります。

しかしwacacoは、本体のサイズを小さくし、1回で許容するお湯の量を少なくすることで手のひらサイズで本格的なエスプレッソ抽出することを実現しました。 

エスプレッソって何?という初心者向けには「エスプレッソとは?苦い原因とは?美味しい飲み方は?」という記事でエスプレッソについて解説しています。

【結論】抽出できたエスプレッソは超本格的でした

【結論】抽出できたエスプレッソは超本格的でした

まずこちらの画像を見てください。

こちらは私が自宅で焙煎したコーヒー豆を使って、wacacoでエスプレッソを抽出したものです。

良いエスプレッソ(正しく抽出されたエスプレッソ)は、クレマと呼ばれる泡のようなものがエスプレッソの表面に現れます。

手のひらにすっぽりと収まる小さなサイズの割に、本格的なエスプレッソが抽出できたことがわかります。

使ってみた感想

使ってみた感想

私は過去に150,000円ほどのエスプレッソマシンを買ったこともありますし、今は60,000円位のデロンギのエスプレッソマシンをメインで使用していました。

しかし、農作物であるコーヒーをもっと丁寧に楽しもうと言う意識が最近湧いてきたので、最近はできるだけ電気を使わずに手動でコーヒーやエスプレッソ抽出するように心がけています。

そんな時に出会ったのがwacacoでした。

最初は「こんな小さなサイズのエスプレッソマシンで本格的にエスプレッソが抽出できるわけがない」と疑いの気持ち100%でした。

しかし近年コーヒー器具においては様々な技術が開発され発展してきているのでまずは試してみるといった軽い気持ちでwacacoを購入しました。

しかし、以下の点において予想を上回る結果や実感を得られたので、僕的には超満足でした。

  • エスプレッソのクオリティが高級エスプレッソマシンに負けてない
  • 扱い方が簡単で慣れやすい
  • 分解して洗うのが簡単
  • デザインがかっこいい

wacacoの価格と買い方

wacacoの価格と買い方

wacacomの価格はモデルによって異なりますが、一番シンプルな構造をしている「wacaco nanopresso」という型番は以下の価格になっています。

購入は、Amazonでできます。(上の画像をタップするとアマゾンに飛べます)

他のAmazonに出品されている商品と同じ要領で購入できます。通販サイトを高頻度で使う、我々在宅ワーカーには超便利ですよね。

価格もエスプレッソ抽出器具と考えると、安い部類に入ります。

通常の電気式エスプレッソマシンはこれくらいの価格になります。↓

高品質のコーヒー豆を買う場所がわからない方は、「【プロがおすすめ】コーヒー豆通販サイト3選」という記事を参考にしてみてください。

職人焙煎の豆が通販サイトで買えちゃいます。

【プロがおすすめ】コーヒー豆通販サイト3選

Wacacoの使い方

さて、購入した方、あるいはすでに持っている方向けに、いよいよ次の順番で実践編の解説をしたいと思います。

  • wacacoの使い方
  • wacacoを使うならあった方がいいもの
  • Wacacoで作れるドリンク一覧

使い方

では次に使い方を説明します。

画像と一緒に手順を説明しますので一緒にやってみましょう。

①コーヒー豆を粉にしてセット

コーヒー豆の細かさは極細挽きの少し粗めがいいと思います。

ポーレックスであれば、2クリック目が良いでしょう。

使用するコーヒー豆は1杯あたり6グラムか7グラムです。

②コーヒー豆を上から付属専用スプーンでタンピング(水平にならす)

軽くぐりぐりと押し付ける感じですね。

力が強すぎるとNG。

③灰色部分に沸騰直後のお湯を入れる

写真でも見えるとおり灰色の部分の内側に丸い線があります。

僕は個人的にしっかりとした濃いめのエスプレッソが好きなのでこの内側の線よりも少し少なめにお湯を入れます。

お湯沸騰直後の熱々の温度の方がいいです。

冷めてしまうとエスプレッソがまずくなってしまいますのでお湯灰色の容器に注いだらすぐに抽出に取り掛かります。

④灰色部分を本体に取り付けて上下逆にする

これは実は上下逆さまの状態なんです。

これを上下逆さまにして、ポンプを画像のように引き出します。

この後、このポンプを押すことで抽出することになります。

⑤灰色の容器に被せてあった付属カップを取り外し、カップ内へ抽出する

灰色のお湯を入れる容器の外側にカップとなる赤い部分が付属しています。

購入してすぐのときには両方ともくっついていますので、見分けがつかないと思いますが、赤い部分を取り外してみてください意外と簡単に外れます。

抽出するときにはここにエスプレッソが注がれます。

⑥完成!

押していたポンプの抵抗感や重さがなくなったらそこで終了です。

後は自分の好きなドリンクにアレンジしたり、エスプレッソとして飲んでください。

使用上の注意点

いくつか使用上の注意点(自分が使っていてミスったところや、ここは初心者がつまづくなと思ったところ)がありますので、箇条書きで記載しておきます。

  • 粉の細かさは極細挽きより少し粗め(ポーレックスなら2クリック)
  • 付属のスプーンを使って粉を水平にする際に、あまり強く押し付けすぎない(お湯がしっかり通らずに薄いエスプレッソになる可能性がある)
  • お湯はアツアツのものを使用する
  • 抽出するときのポンプは少し重い感じがするので、落ち着いてゆっくりと何回かプッシュする
  • お湯が入る灰色部分とコーヒー粉が入っている部分はしっかりと締める。緩かったら熱湯が暴発します。ここだけはまじで気をつけてください。

wacacoを使うならあった方がいいもの

wacacoを使うならあった方がいいもの

一緒に使うであろう道具も合わせて紹介しておきます。

これらがあると、より一層wacaco本来の価値を引き出せるため、あると便利です。

手挽きミルは、「コーヒーは豆で買うべきか粉で買うべきか【超基本】」という記事で解説したように、飲む直前にコーヒー豆を粉にする必要があるからです。

はかりが必要なのは、コーヒー豆の重さを都度正確に測る必要があるからです。

湯沸かしケトルは当たり前ですがお湯を沸騰させるために必要です。

箇条書きにしているところをクリックすれば、それぞれアマゾンに飛ぶことができます。

wacacoを使って準備できるドリンク一覧

wacacoを使って準備できるドリンク一覧

wacacoで抽出できるドリンクを一覧にまとめておきました。

結論を言うとエスプレッソベースのものであれば何でもできます。

  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • アメリカーノ
  • エスプレッソ
  • エスプレッソアフォガード

Wacacoをオススメできる人できない人

✅オススメできる人

wacacoをオススメできる人は以下のようなタイプの人です。

  • コーヒーの抽出を趣味として楽しめる人
  • コーヒーを抽出するのに少し時間や手間がかかっても大丈夫な人
  • 普段おうちでコーヒーを飲む習慣がある人

このような人にはwacacoは向いていると思われます。

✅オススメできない人

逆に、以下に該当する人はwacacoを買わない方がいいです。

電気式エスプレッソマシンか外のカフェでコーヒーを買うかをしてください。

  • コーヒーの抽出には興味がなくできるだけ早くコーヒーを飲みたい人
  • コーヒーの準備にあまり時間をかけたくない人
  • 家にいることが少なく外で作業や活動していることが多い

まとめ

Wacacoは、おうちでコーヒーをゆったりと楽しみたい人にお勧めできる電気いらずの手動エスプレッソマシンです。

最初は慣れないかもしれませんが、この記事を何度も読み直しながらぜひ慣れていってください。

最後に、念の為もう一度wacacoのアマゾンリンクを貼っておきますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログでは、在宅ワークとおうちコーヒーの2つのテーマで情報発信をしています。

ブログは毎朝10:10に更新していますので、是非おうちコーヒーと在宅ワークの参考にしてみてください。