【超シンプル】製造業における在庫管理の課題とその解決方法

中小企業の在庫管理

製造業における在庫管理の課題とその解決方法

製造業における在庫管理の課題とその解決方法

こんにちは。コーヒー好きなIT経営者のシンジです。

趣味のコーヒーと本業のシステム開発に関する情報をブログで発信しています。

本記事のトピックは以下となります。

製造業における在庫管理の課題とその解決方法

製造業における在庫管理の課題はたくさんあると思います。

その中で、最も頻出すると思われる課題3つとその解決方法を共有したいと思います。

在庫管理に課題を抱えている担当者様はぜひ最後まで読んでみてください。

本記事を読むことで少しでも貴社の在庫管理方法が改善される事間違いなしです!

在庫管理の課題トップ3

  • 情報の属人化
  • 在庫情報更新の頻度が人によって異なる
  • 在庫管理の紙が濡れて情報が見えない

それぞれ、深掘りと解決策を提示していきます。

在庫管理の課題①情報の属人化

製造業における在庫管理の課題1つ目は、情報が属人化してしまう事にあります。

特に製品を製造する現場では、たくさんの人が稼働しています。もちろん一人で製品を全て完成させる事は無理ですから、製品を製造する上でそれぞれに役割があると思います。

例えば、部品ABCの3つを組み合わせて、製品Zを作る企業があるとします。

この場合、管理すべき在庫のデータは下記の4種類です。

  • 部品Aの在庫数
  • 部品Bの在庫数
  • 部品Cの在庫数
  • 製品Zの在庫数

この4つのデータを管理するにあたって、それぞれに担当者がいるとすると情報管理が分散してしまいます。

部品Aの担当者は必ずしも製品Zの在庫数を把握しているとは限らないですが、部品Aと製品Zの在庫数は連動しています。

なので、本来部品Aの在庫数は製品Zの担当者が把握しているべきですが、忙しい工場のライン作業の中で、いちいち「今部品Aっていくつある?」「部品Aの在庫表っていつ書いた?」などと聞いていられないですよね?

また、部品Aの在庫管理担当者が欠席している日の場合、正確な部品Aの在庫数はわからない可能性があります。

情報の属人化で引き起こされる課題:担当者の欠席や退職時の引き継ぎミスによる正しい情報の紛失

特に、異動や退職といった可能性があるため、「ある人しかわかっていない情報がある」というのは企業としては致命的です。

解決策:情報を共有しましょう

では、そのような課題を解決する方法を共有します。

解決策:情報を共有しましょう

めちゃくちゃ基礎的な事ですが、情報の社内共有ができていない人が多いからこそ在庫管理に困っている企業様がこのブログを読んでいるという現状が発生しています。

工場やライン内の在庫管理の情報を共有するためには、以下の方法が考えられます。

  • エクセルで全員が見えるような共有シートを作る
  • 終業後に記入する紙の管理シートを作る
  • 在庫管理システムを導入してシステム上で管理する

この辺りの手段であれば、確実に情報共有がなされると思います。

情報共有において大事なことは、「その人に連絡が取れなくても在庫情報がわかる状態である」事です。

情報共有は大事。

在庫管理の課題②在庫情報更新の頻度が人によって異なる

在庫管理の課題②情報更新の頻度が人によって異なる

製造業における在庫管理の課題2つ目は、在庫情報更新の頻度が人によって異なるという事です。

先程の段落で、情報共有の方法は以下のようなものがあると紹介しました。

  • エクセルで全員が見えるような共有シートを作る
  • 終業後に記入する紙の管理シートを作る
  • 在庫管理システムを導入してシステム上で管理する

在庫管理の情報共有システムがあるのは良い事ですが、あるだけでは正しく機能しません。

在庫管理システムを作ったり導入したりした後の課題は、実際に在庫管理を正しくし続けられるかどうか、ということに尽きます。

在庫管理システムがあることと正しく在庫管理ができていることは必ずしもイコールではない

在庫管理の手段を導入しても、人によって更新頻度がまちまちです。

究極論、1年に1回しか更新しないのであれば、もはやそれは存在していないのと同じですし、週に1回でも更新頻度が低いと感じる人もいるでしょう。

在庫情報の更新頻度がバラバラだと、後で振り返った時に在庫の流れが見えづらくなります。

解決策:情報更新の頻度をルール化しましょう

解決策:情報更新の頻度をルール化しましょう

例えば、以下のようなルール作りをすると良いでしょう。

  • 月曜日はAさんが就業後退社前に情報を更新する
  • 火曜日はBさんが就業後退社前に情報を更新する
  • 火曜の朝にAさんとBさんが両方出勤する場合は念のため相互確認

製造業の現場は本当に日々目まぐるしく時間が過ぎていきますので、ルール作りをしておかないと、そもそも在庫情報の更新を行うのを忘れてしまったりしてしまいます。

現場マネージャーの方は

  • 情報更新の担当者を割り振る
  • 担当者が情報更新を忘れないようにリマインドする

これらをしっかりと行うことで、情報更新の忘れを防ぐことができます。

情報は常に最新に!

在庫管理の課題③在庫管理の紙が濡れて情報が見えない

在庫管理の課題③在庫管理の紙が濡れて情報が見えない

製造業における在庫管理の課題3つ目は、在庫管理の紙が濡れて情報が見えないという事です。

「濡れて」と書きましたが「燃えて」や「破れて」といった状態も含んでいるので、「破損や紛失」と捉えてもらったらいいです。

工場では火や水を扱うところも多く、紙で在庫情報を保管している場合、工場内で破損や紛失するリスクが非常に高いです。

特に、膨大な情報を記入した紙の在庫情報シートが燃えてしまったり濡れてしまったりした場合の、損失は企業にとって計り知れません。

なので、まず紛失リスクが低い媒体で在庫情報を管理する必要があります。

紙管理は、紛失時に取り返しがつかないので絶対に今すぐやめるべきです。

解決策:在庫情報は電子データで保管しましょう

解決策:在庫情報は電子データで保管しましょう

先ほど申し上げた紛失リスクが低い媒体とは、電子データです。いわゆるクラウド保管というやつですね。

特に、Googleが提供しているスプレッドシートはインターネットに繋がった状態で編集を行うと自動的にデータが保存されるようになっています。

私は起業した当初からGoogleのスプレッドシートを使って情報や数字を管理していたため「保存する」ということをしていません。

なぜなら、Googleは自動保存だから。

自動保存してくれる上に、インターネット上に保管されているわけですから自分がそのファイルなりアカウントなりを消去しない限りデータが破損したり紛失したりということは起こりません。

情報は少なくともGoogleのスプレッドシートなどで保管すべき

また、次の段落で説明しますが専門の在庫管理システムを導入することも一つの手段です。

在庫管理システムを専門に開発している企業は日本に多数存在します。

予算感や企業の規模に応じて専門の在庫管理システムを導入する事で、エクセル管理や紙管理よりも管理の使い勝手がよくなったり、分析データを自動的に提示してくれたりと、メリットもたくさんあります。

桶は桶屋と言いますが、一番確かなのは専門の人にお願いする事だと思います。

最善なのは専門の在庫管理システムを導入すること

専門の在庫管理システムを導入するメリット

在庫管理に少しでも不安を感じたらご連絡ください

最良の解決策は、専門のシステムを導入することだと強くオススメできます。

私が経営する会社は、中小企業のDX(デジタル化)をサポートするために以下の2つのサービスを提供しています。

  • RMT:コーヒーショップ向け在庫管理システム
  • Craft:製造業の中小企業様向けフルオーダー在庫管理システム

特に、Craftというサービス名で弊社が開発・提供している「中小企業様向けフルオーダー在庫管理システム」に関しては、100%クライアントの望む管理システムをゼロから作り上げる事ができるという利点があります。

大手開発企業さまが提供されている在庫管理システムも多数ありますが、廉価で利用できる反面デメリットとしては「導入企業様が心から望んでいる在庫管理システムではない」という点が挙げられると思います。

私たちが提供するCraft事業には、システム開発のテンプレートのようなものは存在していません

導入をご希望の企業様とまず面談をさせていただいて、どのような事に課題を抱えられているかをヒアリングし、実際に欲しい在庫管理システムの機能・デザイン案を企業様からご提示いただきます。

その案をもとにプログラミングしていくため、納品後に「こんなシステムが欲しかったんじゃない!」といったような摩擦が起こる事は一切ありません。

スーツと同じですが、100%のフルオーダーをゼロから作ると、それなりにコストはかかります。

廉価で欲しくないものを契約してしまうと、後々困るのはご契約者自身だと私は思います。

100%満足するものはコストはかかりますが、後々使い勝手がよかったり、それこそ在庫管理が以前よりスムーズにできたりと、メリットがたくさんあります。

企業経営において、必要な経費は支出すべきですし、適切なシステムを導入せずに、マンパワーで在庫管理に人件費を使い続けることこそ不必要な経費であると思います。

ですので、「在庫管理システムを自社の工場に導入したいけれど何から始めたら良いかわからない」という方は是非下記フォームよりお問い合わせください。

もちろん、問い合わせたから必ず契約しなければならないという事はありませんので、相談だけでも構いません。

(↓こちらのフォームを入力し、最後に送信を押してください)

最後まで読んでいただきありがとうございます。