エスプレッソの表面にできる泡の名前って?【実は美味しい証拠】

エスプレッソ


こんにちは。

コーヒー焙煎士&経営者のシンジです。

このブログは「コーヒー初心者が中級者になれる」ための知識を共有するブログです。

本記事では、「エスプレッソの表面にできる泡の名前【結論あると美味しい証拠】」というテーマで執筆します。

動画版でも解説しています。

エスプレッソの泡:クレマについて

泡がもっちりとあるのが見えますか???

ではまず結論から。

エスプレッソの表面にできる泡はクレマと呼ばれます。

後で詳しく解説しますがクレマは美味しいエスプレッソコーヒーにだけ発生する現象です。

ですので、

「コーヒーの表面に泡が浮いている、どうしよう!?」

と思ってこの記事にたどり着いたあなたは、是非ご安心ください笑。

これはハンドドリップをする時に一投目に蒸らしを行う際、表面がぶくぶくして泡が出てくるのと同じ原理です。

理由は簡単で、焙煎時にガスが発生します。

コーヒー豆の状態ではその発生したガスを含んでいるため細かく砕いて抽出する際にそのガスが一気に放出されるという仕組みになっています。

エスプレッソマシンは、9気圧で抽出しますから、圧力の蓋をされた状態のガスは逃げ場を失って水の中に溶け出すしかありません。

クレマができる理由


クレマが出来る理由はもちろん上記の通りコーヒー豆の二酸化炭素やガスが放出されるからですがもう一つ大事な理由があります

それはコーヒー豆が新鮮だからです

コーヒー豆において新鮮とは「焙煎から日が経っておらず酸化していない状態のこと」を言います。

焙煎から経過した日にちが浅いと、焙煎の時に発生したガスもよりたくさん含まれています。

なので焙煎から日が経っておらず新鮮なコーヒー豆は抽出した時にガスが発生するんです。

美味しいエスプレッソを飲むには???


では、おいしいエスプレッソを飲むためにはどのような方法があるのでしょう?

①スペシャルティコーヒーショップに出かけるという方法と、②自宅にエスプレッソマシンを設置しておうちで美味しいエスプレッソコーヒーを入れるという方法とがあります。

コーヒー専門店に出かける

コーヒーショップでコーヒーを飲むのが好きな方や、おうちに専門的なコーヒーの道具やマシンがない方はコーヒー専門店に出かけて美味しいエスプレッソを飲むと良いでしょう。

コーヒー専門店でエスプレッソを飲むメリットはプロが抽出するコーヒーなので絶対にハズレがないということでしょう。

デメリットはほぼ無いに等しいのですがあるとすれば毎回出かけなければいけないのとコスパが少々悪くなるということです。

おうちにエスプレッソマシンを買う

筆者は2台のエスプレッソマシンを使い分けています。

美味しいエスプレッソコーヒーを飲む二つ目の方法は、自宅に専用のエスプレッソマシーンを購入することです。

メリットはいつでも美味しい珈琲がすぐに飲めるということです。

私はおうちコーヒーを10年以上実践しているので、おうちコーヒーのデメリットはあまり思い浮かばないのですが、強いてあげるとすれば、初期投資にかかる金額が大きいということです。

実際に私が初めて購入して今でも愛用しているこちらのデロンギのエスプレッソマシンはだいたい6万円ぐらいします。

しかし、コーヒー豆を購入して家で飲むことでコーヒー一杯あたりのコストがカフェで飲むよりも激減します。

自宅にコーヒーマシンを置きたいけど・・・と迷っているあなたへ

マシン本体がなかなか高いので思い切って買う気になれないと言う人は一度エクセルで損益分岐点を探してみるといいと思います。

探す時のコツは以下の2点を条件に計算をすると良いと思います。

  • 行きつけのカフェのいつもの出るコーヒーを1年間飲む場合の費用を算出
  • コーヒーマシンを今購入してコーヒー豆を外で飼う毎日家で飲む場合の費用

これを一か月単位で計算してどのくらいの期間で、おうちコーヒーの方が安くなるのかを算出すると良いと思います。

まとめ

今回はエスプレッソコーヒーの表面にできる泡、クレマ、についての解説記事をお届けしました。

クレマは保管状態の良い新鮮なコーヒー豆だけに出来るものなので、クレマがあるコーヒーは美味しいと考えて間違いないでしょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます

それではまた