【初心者向け】エスプレッソカップはなぜそんなに小さいの?

エスプレッソ


こんにちは。

コーヒー焙煎士&経営者のシンジです。

このブログは「コーヒー初心者が中級者になれる」ための知識を共有するブログです。

今回はエスプレッソ用のコーヒーカップはなぜそんなに小さいのかというテーマでお届けしたいと思います。

【初心者向け】エスプレッソカップはなぜそんなに小さいの?

エスプレッソ用のコーヒーカップが小さい理由は諸説ありますが、その中でもとりわけ有名な二つを今回はご紹介したいと思います。

ナポレオンの時代にコーヒー豆の輸出規制がかかった

エスプレッソのイタリア人流飲み方を紹介します【イタリア人に聞いた】」という記事でお話ししているように、そもそもエスプレッソという飲み方ができた歴史的背景は、ナポレオン皇帝時代にコーヒー豆の輸出入の規制が敷かれたからとも言われています。

手に入れることができるコーヒー豆の量が減ったので、今まで通りにコーヒー豆を使用していてはすぐにおいしいコーヒーが飲めなくなってしまう、そう考えた当時のイタリアの人たちは、一回で少量のコーヒーを飲むということを考え、それがエスプレッソのはじまりといわれています。

エスプレッソカップが小さい理由はそのような少ないコーヒーの量に合わせて作られたからではないかと言われています。

エレガントに飲むために取っ手の部分も小さくした説

こちらのエピソードはエスプレッソドリンクありきになってしまいますが、エスプレッソ用カップの持ち手がものすごく小さいことに気が付いた方も多いと思います。

諸説あるうちの一つなので完全に正しいとは限りませんが、取手が小さい理由は、取手が小さいと親指と人差し指でエスプレッソカップをつまむことになり、その姿勢がエレガントに見えるから取手を小さくした、というエピソードもあります。

エスプレッソ用のコップが発祥だとするとこれも理にかなっているような気もします。

おしゃれ好きなイタリア人が考えそうなことですね。

まとめ

今回はエスプレッソ用のコーヒーカップはなぜそんなに小さいのかというテーマでお届けしました。

諸説あるうちの一番有名なものを二つとりあげました。

今度エスプレッソ飲む機会があったら是非思い出してみてくださいね。

ちなみに私はおうちでエスプレッソが飲めるように、こちらのエスプレッソマシンを購入しています。

気になる方は是非チェックしてみてください。

それではまた。