【カフェオレレシピ付き】Hario水出しコーヒーポットの使い方と選び方を5分で解説する

おうちコーヒー レシピ


こんにちは。

焙煎士シンジのコーヒーブログへようこそ。

このブログは「コーヒー初心者が中級者になれる」ための知識を共有するブログです。

現役のコーヒー焙煎士がコーヒーについて初心者にやさしく解説、スペシャルティコーヒーについて熱く語るブログです。

今回は、「【カフェオレレシピ付き】Hario水出しコーヒーポットの使い方と選び方を5分で解説する」というテーマです。

水出しコーヒーを使ったカフェオレのオリジナルレシピも紹介しますので、カフェオレで飲みたい人はそちらもご覧ください。

本記事を執筆しているシンジは、コーヒーが好きすぎて「1段落目」のことを「1杯目」と記載してしまう事がありますのでご了承ください。

本記事のメニュー

水出しコーヒーの画像
  • 1杯目 水出しコーヒーとは?
  • 2杯目 水出しコーヒーを作るために必要なもの
  • 3杯目 シンジと一緒に水出しコーヒーを作ってみよう
  • 4杯目 水出しアイスオレのレシピ
  • 5杯目 水出しコーヒーを作る時の注意点

水出しコーヒーとは

水出しコーヒーの画像
シンジが抽出した水出しコーヒー

水出しコーヒーとは、コーヒーの粉を水に長時間浸すことで抽出するコーヒー抽出方法の一種です。

手間がかからない事と、まろやかな味わいに仕上がることが特徴で、いつの時代も人気のロングセラーの抽出方法。

夏になるとスペシャルティコーヒーショップでも提供される事が多く、自宅でもカフェでも楽しむ事ができます。

水出しコーヒーを作るには、こちらのハリオから販売されている専用のコーヒーポットを使用します。

ちなみに、ハリオ水出しコーヒーポットは2種類あるぞ。
上記は1,000mlサイズ。

現在は600mlサイズと1,000mlサイズの2種類が販売されており、一人暮らしの方は600mlサイズ、2人以上であれば1,000mlサイズがオススメです。

下記が600ml版です。

水出しコーヒーを作るために必要なもの

水出しコーヒーの画像

水出しコーヒーを自宅で作るには以下の2点が必要になります。

  • 水出しコーヒーポット
  • 深煎りコーヒー豆/粉 80g

大掛かりなマシンや難しい知識などは必要ないので、初心者にもおすすめです。

豆の重さを測る時はこちらのスケールを使います。

シンジと一緒に水出しコーヒーを作ってみよう

水出しコーヒー器具の画像

では、以下で水出しコーヒーの作り方を解説します。

今回のお豆は、こちらの記事で紹介したCafe 2kasaさんのグアテマラを使用させていただきます。

  1. 深煎りのコーヒー豆を中細挽きにグラインド
  2. 本体の網目部分に投入
  3. 水を1,000ml入れる
  4. 冷蔵庫で8時間冷やす
  5. 8時間後粉を取り除き抽出を止める
  6. 完成

↓開封の儀↓

では、早速写真付きで作っていきます。

コーヒー豆を80g準備し、中細挽きにグラインドします。
グラインドレベルは写真ぐらいを目指してください。

砕いた豆をストレーナー部分に投入し、本体にセット。
その後、水を上から本体に1,000ml投入します。

お湯じゃなくて水なので間違えないよう。。。

ワンポイントアドバイス→水道水を使用する場合は、沸騰させて常温に戻すいわゆるカルキ抜きをすると良いです。

蓋を閉じて、冷蔵庫に入れます。
使用する豆の焙煎度に応じて、8-14時間待ちます。
抽出時間詳細説明は後述。

水出しコーヒーの画像
↑こんな感じで分けてあげます

8-14時間後、冷蔵庫から取り出しコーヒー粉を本体から除去し抽出を止めます。

完成です!!!

ほとんどやることはないですよね。
強いていうなら待つぐらい?笑

綺麗な色ですね〜。

朝から大満足。

さてさて、ブラックで飲める人はこの状態で堪能していただきたいのですが、ミルクと混ぜないと飲めないよという方向けに、水出しアイスコーヒーを使ったカフェオレの作り方をシンジが考案しました。

水出しアイスオレのレシピ

水出しコーヒーの画像
水出しコーヒーアイスオレ (シンジ作)

水出しアイスオレのレシピは簡単です。

コーヒー3 対 牛乳1

の分量で入れるだけ。

例えばコーヒーを60ccカップに注いだら、牛乳はその3分の1の20ccを注ぎます。

これは濃い目のオレが好きな人向けなので、もう少し薄いカフェオレがいいよという人はミルクの量を増やしてみてください。

あくまでもシンジオリジナルレシピなので、これを基準にご自身の好きなバランスを見つけてください。

水出しコーヒーを作る時の注意点

水出しコーヒーの画像

水出しコーヒーを作る時には以下の3点に注意します。

  • 賞味期限
  • 抽出時間
  • 豆の挽き目

賞味期限

基本抽出開始から24時間以内に飲み切るのがベスト。
つまり、前日夜に仕込むとしたら翌日中には飲みきってしまいましょう。

48時間ぐらいたっても飲める事は飲めるのですが、以下のリスクがあるので避けたいところ。

  • 食中毒リスク
  • フレーバーや美味しさが過度の酸化で消えるリスク

抽出時間

抽出時間はハリオ公式説明書では8時間となっています。

シンジも8時間ぐらいが適切だと思います。

焙煎度によって抽出時間は変わるので下記にまとめておきます。

  • 浅煎り→14時間ぐらい
  • 中煎り→10-12時間ぐらい
  • 深煎り→8時間ぐらい

ワンポイントアドバイス→ベストは寝る前に冷蔵庫に入れて、起きたらすぐに粉を取り出して、出来上がった液体を再度冷蔵庫に戻して冷やしておくのが◎です。

抽出時間が長くなればなるほどコーヒーの成分がたくさん出てきますので、それだけコクが深い水出しコーヒーに仕上がります。

豆の挽き目

豆は中細挽きにグラインドします。
下記画像ぐらいが目安です。

豆の挽目が粗すぎるとコーヒーの成分が抽出不足となり、薄いコーヒーが出来てしまいます。
逆に挽目が細かすぎると、濃過ぎて苦いコーヒーができてしまいます。

もし、コーヒーショップで粉に挽いてもらう場合は、水出しポットで水出しコーヒーを作る事を伝えると、確実に中細挽きで用意してくれます。

これにて本記事は閉店〜

水出しコーヒーの画像

今回は、「【カフェオレレシピ付き】Hario水出しコーヒーポットの使い方と選び方を5分で解説する」というテーマでお届けしました。

これからの暑い季節にもってこいの簡単ドリンク水出しコーヒー。

是非、本記事で得た知識を活用して素敵な自宅カフェタイムを過ごしてみてください。
最後まで読んでくれてありがとうございます。

それではまた。