ハリオ(hario) から出ている「V60ドリップケトルヴォーノ」が最強な3つの理由とは?

ハンドドリップ 器具


こんにちは。

コーヒー焙煎士&ブロガーのシンジです。

このブログは「コーヒー初心者が中級者になれる」ための知識を共有するブログです。

現役のコーヒー焙煎士がコーヒーについて初心者にやさしく解説していきます。

今回のテーマは「ハリオ(hario) から出ている「ハリオ(hario) から出ている「V60ドリップケトルヴォーノ」が最強な3つの理由とは?」です。

実は、V60ドリップケトルヴォーノはシンジが人生で初めて手に入れたドリップ用のケトルです。

今でももちろん愛用しており、初心者にもオススメできるので、その理由を解説していきたいと思います。

本記事のメニュー

  • 1杯目:V60ドリップケトルヴォーノとは?
  • 2杯目:V60ドリップケトルヴォーノが最強な3つの理由
  • 3杯目:おまけ

V60ドリップケトルヴォーノとは?

ドリップケトルの画像

シンジが愛用しているV60ドリップケトルヴォーノ。使用5年目で年季入ってます。

V60ドリップケトルヴォーノとは、コーヒー器具メーカーのharioが製造しているコーヒーに特化したドリップケトルです。

harioという会社について少し解説すると、元々はガラス専門のメーカーで創業は1921年
(正式名称:HARIO株式会社)

2005年に、今では知らない人はいないV60ドリッパーを発売開始。
勢いに乗って、さまざまなコーヒー関連器具の開発販売を行っています。

公式サイトでの明記はありませんが、ドリッパーのV60というシリーズのケトルラインナップだと思われます。

↓V60ドリッパーはこんな感じ↓

(ドリップケトルヴォーノ取扱説明書のURLもこちらで貼っておきます)

V60ドリップケトルヴォーノが最強な3つの理由

ドリップの画像
↑シンジがV60ドリッパーでドリップしている様子

V60ドリップケトルヴォーノが最強な理由は以下3点です。

  • ガスIH両方対応
  • サビにくい&壊れにくい
  • 沸騰速度が速い

これらを順番に解説していきます。

理由①ガスIH両方対応

まずV60ドリップケトルヴォーノをオススメできる理由1つ目は、 ガスコンロとIH両方で沸騰させることができるという点です。

日本の住宅の調理方法の熱源はほとんどがガスかIHだと思います。

最近だとIHしかない住宅も多く、 IH非対応のドリップケトルだと別でお湯を沸かす必要がありなかなか手間ですよね。

以下、 harioの公式サイトから熱源に関して引用です。

注ぎ口の細いドリップケトルはお湯の量やスピードがコントロールしやすく、おいしいコーヒーを淹れるのに役立ちます。フタは逆さに置けるフラットツマミです。全ての熱源(IH200V・100V、ガスコンロ、エンクロヒータ、ラジエントヒータ、ハロゲンヒータ、シーズヒータ)に対応しています

引用元:hario公式

シンジは熱源に関してあまり詳しくないので、上記で分かるものはIHとガスコンロだけですが、他にもいろいろな熱源で沸騰させることができるようです。

特にキャンプやハイキングなどで、屋外で沸騰させる時など直火で沸騰させても問題ないのでとてもオススメです。

理由②サビにくい&壊れにくい

ケトルの画像

次に、V60ドリップケトルヴォーノをオススメできる理由2つ目は、 サビにくい&壊れにくいという点です。

公式ページにも書いてありますが、このドリップケトルのボディーの材質はステンレスです。

同じステンレスでもチープなブランドのステンレスは使っていると嫌なシミが残ったりしますが、harioやkalitaなどの日本が誇るコーヒー器具メーカーの会社が出しているステンレス材質の道具は全くと言っていいほどサビが来ません。

こちらが5年使った後のケトル内部の底の写真です。

ケトルの画像

特に手入れとかはしていませんが、なぜここまでサビがこないかわからないぐらい錆びないです。

錆びにくいことに加えて、壊れにくいこともお勧めできる理由の1つです。

ケトルの画像
5年使った底面です。

特に自宅で使うだけであればそこまで激しい損傷を与えるような事はないと思いますので、使った後に毎回必ず乾かすということを意識するだけで5年から10年、もしかすると20年ぐらい使えるかもしれません。

理由③沸騰速度が速い

V60ドリップケトルヴォーノをオススメできる理由3つ目は、沸騰速度が速い点です。

シンジの家は普通のIHコンロを使っていますが、コーヒー1杯分のお湯を沸かすだけだったら2分もしないうちに沸騰してしまいます。

電源プラグにつなぐ形の電子ケトルだともう少し時間がかかってしまう印象がありますが、V60ドリップケトルヴォーノだと沸騰速度が速いことに加えてそのまますぐに使えると言うメリットがあります。

まとめ

コーヒー豆の画像

今回のテーマは「ハリオ(hario) から出ている「ハリオ(hario) から出ている「V60ドリップケトルヴォーノ」が最強な3つの理由とは?」でした。

おすすめ理由を再度まとめます。

  • ガスIH両方対応
  • サビにくい&壊れにくい
  • 沸騰速度が速い

コーヒー初心者はドリップケトルの選択に迷うことも多いと思います。

もちろん、今回紹介したドリップケトルではない別のケトルを購入するのもありだと思います。

色々なコーヒードリップケトルを試してきたシンジがおすすめできるドリップケトルのうちの1つがV60ドリップケトルヴォーノです。

もしドリップケトルの購入で最初の1台をどれにしようか迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

おまけ:Harioの他製品も解説済です

水出しコーヒーの画像
↑hario製の水出しコーヒー専用ポット

harioから出ている他の製品もいくつか記事で解説しているものがありますので、参考までにリンクを貼っておきます。

harioはやはり日本製で安心安全クオリティーなので、初心者にとてもおすすめです。

【初心者必見】Hario V60 スケールの使い方について3分で解説する
⇨hario製のスケールという重さを測る道具について解説しています。
 コーヒー抽出には必須です。

【ハリオドリッパー】ハンドドリップの入れ方を解説【ホット/アイス/抽出温度も全て解説】
⇨hario製品のドリッパーでハンドドリップを入れる方法を解説しています。

【カフェオレレシピ付き】Hario水出しコーヒーポットの使い方と選び方を5分で解説する
⇨hario製の水出しコーヒー専用ポットの使い方と水出しコーヒーでアイスカフェオレを作る方法を解説しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた。