REMOTE WORKに関する記事一覧


REMOTE WORK

本記事では、スウェーデンの労働生産性が高い理由について解説します。まず前提情報として、スウェーデンの労働生産性は先進国の中でトップです。結論、スウェーデンでは1日6時間しか働かないので生産性でいうと超高いです。

COFFEE REMOTE WORK

「昨日の夜あんまり眠れなかったんだけど、今日一日仕事乗り切らなきゃ。何かいい方法教えてください。」本記事では、こういった疑問に回答していきたいと思います。

REMOTE WORK

私が仕事をしながら出会った、在宅ワーカーが持っていたらいい最強のグッズを今回紹介したいと思います。

REMOTE WORK

人間の集中力は限界があります。一説によると本気で集中した場合、集中力は15分程度が限界とのこと。そりゃそうですよね。朝の9時から夕方の17時までずっと集中できる人なんかいません。なので自分でルールを決めて休憩を適宜挟みましょう。

REMOTE WORK

本記事では、残業できない日に仕事が終わらなさそうなあなたに役立つ「残業できない日にやる事」を紹介します。

REMOTE WORK

本気では残業時間を減らす方法についてお話しします。会社員時代残業時間が多かった私が、残業時間を減らすために様々な工夫をしてたどり着いた三つの簡単な方法をご紹介します是非参考にしてください。

REMOTE WORK

本記事では、タスク管理が苦手なあなたに役立つシンプルなタスク管理方法を3つご紹介したいと思います。やるべきタスクを整理して丁寧にこなしていく事は誰しもが求められることです。日本の働くすべての皆さんがタスク管理上手になるために私のノウハウを共有していきます。私はこの方法で仕事をする事で、ミスを年1回以下という驚異の低頻度に抑えています。

REMOTE WORK

私が健康マニアで人体に必要な栄養素をエクセルでまとめて、毎日摂取できているかを確認する事を徹底しています。そんな私がたどり着いたのは「朝食なし・昼はフルーツのみ・晩ご飯だけを食べる1日1食スタイル」。科学的根拠の理由と共にこのスタイルのメリットを解説します。

REMOTE WORK

本記事では、入社1年目の新人が仕事が全然終わらない3つの理由とその解決方法について解説します。私は会社勤めは3年、起業してから3年、合計でいうと社会人6年目ですが今まで様々な仕事術の壁に当たって来ました。起業してからは上司がいないのけどやらなきゃ飯代が入ってこない。そんな状態で編み出した究極の爆速仕事術をご紹介します。

REMOTE WORK

本記事では、仕事の速度が3倍になるテクニックをご紹介します。まず私が仕事術の極意をお伝えする理由ですが、会社員時代は担当のクライアント企業が20社を超え、独立起業してからも多い時で25社の企業様に自社サービスを提供し、それをほぼ全て一人で管理していました。私はこの仕事術を実践する事で、仕事のスピードが3倍になりました。今では、人が3時間でするタスクを1時間かからずに完了させることができます。