来客へドリンクを出す時のポイント

 

Crack Roaster シンジです。

御社では、新人教育で「クライアントが来社された時の対応方法」についてどのように行われていますか?応接室へのご案内から、名刺交換、商談の流れなどは教育されているかと思いますが、ドリンク関係のお作法は教育されていますか?人事・総務担当部署であるあなたは正しく振る舞えますか?不安な方は、こちらの記事で念の為確認しておいた方がいいのではないでしょうか。

 

いきなりコーヒーを出すな!

私なら、商談に伺った先でいきなりコーヒーが出てきたら、その時点で帰ります

「なんて、マナーのなっていない企業だ!」と思ってしまうからです。

これは、自身が昔に犯したミスから教訓として学んだ事ですので、今日は記事にしてあなたに共有したいと思います。このブログの読者さんであれば、コーヒーは大好きで無くてはならない!と感じている方がほとんどかと思いますが、ちょっと待ってください。あなたのように毎日嬉しそうにコーヒーを飲む人が全てではないという事を忘れていませんか?

昔、ある企業の方が商談にいらっしゃいました。応接室に入られた商談先の方に対して、私は当たり前のようにコーヒーを出しましたが、その方はカフェインが摂取できない体質だったのです。普段私は毎日欠かさずコーヒーを飲むため、「コーヒーが飲めない、カフェインが摂取できない人がいる」という事を完全に忘れていたのです。

ですので、来客があった際には必ず「水、お茶、コーヒーがありますがどれになさいますか?」と聞いてあげる事が大切です。社会人1年目の教科書のように当たり前の事ですが、忘れがちな事が多い基本作法なので私自身もコーヒーを飲む人間だからこそ意識しています。

また、普段コーヒーを飲む人でも時間帯によってはコーヒーの摂取を避けている場合があります。例えば、「15時以降は飲まないようにしている」「夕食の後に飲むと眠れなくなる」といった方も非常に多いようです。私自身は、15:00を超えて一滴でもコーヒーを飲もうものなら、翌朝4時くらいまで眠れなくなります。

 

Crack Roasterに来客された際には

取引先に訪問した際に美味しいコーヒーでもてなされると、非常に雰囲気も和みますし何より嬉しいですよね。しかし、出す方法とタイミングを間違えると不穏な空気を生みかねません。ですので、自社に来客があった際には来客がどのドリンクなら飲めるかを必ず確認するようにしましょう。

Crack Roaster 合同会社では、実際に来客がある際は上記のような対応を徹底しています。「コーヒーの会社に訪問に来たのに、なぜうちのコーヒーを飲んで行かないの?」といった姿勢は間違っています。本当にその人が今コーヒーを飲みたいのかはこちら側にはわかりませんよね?また、「コーヒーが好き」の中にも「浅煎りじゃないと飲めない」や「エスプレッソは苦手」など様々な好みがあります。ですので、弊社に来客がある際には下記のような会話になります。

 

Crack:コーヒーは飲めますか?お水やお茶もございます。

来客:あ、コーヒー好きです!お願いします。

Crack:浅煎りと深煎りがあります。どちらがよろしいでしょうか?浅煎りはスッキリ、深煎りはしっかりしています。(全ての人が理解できるように簡単に)

来客:酸味が苦手なので、深煎りでお願いします。


 

いかがでしたか?

ぜひ、次回の来客時に参考にしてみてください。

 

↓記事をシェアする↓

投稿者:CrackRoaster 投稿日時:

コーヒーを飲むベストな時間帯

Crack Roaster シンジです。

本日は、Crack Roasterがおすすめする「コーヒーを飲むベストな時間帯」についてあなたに共有したいと思います。さて、何時が一番いいのでしょうか?逆にオススメしない時間帯もあります。

 

寝起きはNG

朝にコーヒーを飲む人は非常に多いかと思います。あなたは、寝起きで速攻ブラックコーヒーを流し込んだことはありますか?もし寝起きコーヒーをされている方がいれば、今すぐやめてください。人体からは、コルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは、体の活動を活発にする作用をもつホルモンで、人間が起床してから約1時間程度で分泌されます。通説によると、朝8時~9時の間に分泌されることが多いようで、まさに起床してからすぐ、といった時間ではないでしょうか?この時間は、コルチゾールの分泌がされる前の時間帯ですので一切のカフェイン飲料の摂取が推奨されません。つまり、無理やり目を覚ます感覚でコーヒーを流し込むとコルチゾールの自然分泌に影響を与えていまい、「コーヒーがなければ起きられない体質」に変わってしまいます。これを、カフェイン依存症と世間では呼ぶのです。では、どのタイミングで飲むのが最適解なのでしょうか?

 

私の朝コーヒーの嗜み方

私は、朝起きたらすぐにでもコーヒーが飲みたくなるくらいコーヒーが大好きですが、体に悪いことをすると背に腹が変えられなくなるので、あることをしてコルチゾールの自然分泌を崩さないようにしています。朝起きたらまずストップウォッチをスタートします。起床してから、歯磨きや朝ごはんなどを済ませ、起床から1時間経過したことを確認してからやっとコーヒー器具を手に取り始めます。ちょっとやりすぎ(?)感はあるかもしれませんが、意識的にコーヒーを摂取する時間をコントロールするようになると「コーヒーに頼って起きる」ということは避けられるので、非常に体に良いと感じています。

 

ベストは昼食後

人間は動物で、動物は分割睡眠を古来からしてきました。生物的に分割睡眠を取っていたということは、1日の中で何回か眠くなるタイミングが訪れるということです。分割睡眠がDNAに刻まれている動物の中でも最も睡眠時間を長くまとめてとるのは人間でしょう。分割睡眠のせいで眠くなるタイミングで、現代人にとって一番嫌なタイミングが12:00~14:00ごろです。もともと眠くなるようにプログラミングされているのに、さらにその時間に昼食をとると副交感神経が優位になり、眠さが最高潮に達する時間です。

そんな時間にコーヒーを飲むとどうなるでしょう。コーヒーは一種の刺激物であるため人間を興奮状態にします。カフェインの作用で、眠さが緩和されて集中して仕事に取り組むめる事間違いなしです!さらに、午後のコーヒーは22:00~0:00ごろには完全に体外に排出されるため安眠妨害にもなりません。つまり、昼食後に1杯のコーヒーを飲む事は非常に理にかなっています。

 

いかがでしたか?

もしあなたが間違ったコーヒーの飲み方をしていたのなら、この記事が参考になると嬉しく思います。また、コーヒーに関する質問や「こんな事が知りたい!」というリクエストも受け付けておりますのでお気軽にメールにてご連絡ください。

投稿者:CrackRoaster 投稿日時:

コーヒーと人類の出会い

Crack Roaster シンジです。

今日は、読み応えのある情報誌のような感覚で記事を書きたいと思います。

 

羊も興奮した!?人類とコーヒーとの出会い

あなたはカルディという伝説の羊飼いのストーリーをご存知ですか?むかーしむかし、アフリカはエチオピアにカルディという名の少年がいました。カルディは毎日羊たちと楽しく過ごしていました。ある日、カルディは羊の群がとても興奮していることに気がつき、それは藪に生えている赤い木の実を食べたからだと気がつきました。不思議に思ったカルディは自分でもそれを食べてみることにしました。その赤い木の実を食べると、何とも言えない楽しい気分になり、近くのイスラム修道院にもっていきました(エチオピアはイスラム教信者が多数います)。その木の実を見て、良く思わなかった修道院の僧侶は、赤い木の実を火の中に投げ入れてしまったのです!するとどうでしょう、投げ入れられた赤い木の実が何とも良い香りを放ったため、僧侶がそれをかき集めてお湯に浸してみたのです。これが人類がコーヒーという飲み物を発見した経緯と言われています。(諸説ありますが、私はこの説が最も有力だと個人的に思うだけですので、気になる方はネットで調べてみてください)

 

日本でのコーヒーの広がり

人類との奇跡的な出会いを果たしたコーヒーは、アラビア商人によって世界中へ広げられました。日本も例外ではありません。日本列島とコーヒーとの接触は寛永18年ごろ(1641年ごろ)と言われ、長崎の和蘭商館経由でオランダ人商人が持ち込んだのが最初といわれています。やがで1858年ごろには日本への正式な輸入が認められ、そこからコーヒーを嗜んだり、喫茶店がオープンしたりする文化が日本に根付いたといわれています。

外国から持ち込まれたものが少しづつ日本に根付いてきた中で、年代によってコーヒーショップや喫茶店に対する価値観は少し異なるのではないでしょうか?戦後好景気を経験された昭和生まれの方々は「喫茶店=マスターのネルドリップを一杯いただきながら、レコードで音楽を聴いたり読書したりする場所」という捉え方をしていらっしゃるのではないかと思います。また、私のように平成初期・中期生まれの方々は、「おしゃれなインテリアに囲まれたい時、デートの時、少しパソコンで作業したい時、本格コーヒーを楽しみたい時に行く場所」と捉えているのかもしれません。

 

スペシャルティコーヒーと現代人

長い時間をかけて、人類にとってなくてはならない存在にまで昇華されたコーヒーという飲み物も、研究熱心な人々によって、もはやただの飲み物ではなくなってきました。Crack Roasterが使用しているようなスペシャルティコーヒーという新しい概念が生まれたり、コーヒーチェーンで大きく事業を展開する企業も出てきたりと、日本は先進国の中でも「コーヒー大国」と称されるまでになりました。元来コーヒーは、火をじっくり通してしっかりとした苦味を表現する手法である「深煎りコーヒー」が主流でした。昭和の喫茶文化が大好きな方々は、深煎りコーヒーを嗜んでいるのではないでしょうか?しかし、深煎り一辺倒のコーヒー文化に革命がおこります。「そこまで火を通さなくても美味しいのではないのか?」と考えたロースター(焙煎士)たちが、何と今までの常識を覆す「浅煎り」という手法を打ち出したのです。

浅煎りブームに火がついたのはつい最近ですが、アメリカ西海岸発祥の「浅煎り」という概念はすぐさま日本に持ち込まれ、東京のロースターが浅煎りですっきりしたコーヒーを提供し始めたところ流行に敏感な若者にすぐに取り入れられ、一気に浅煎りブームが広がりました。

スペシャルティコーヒーを使ったサービスは世の中にたくさんあり、Crack Roasterもそのうちの一つです。スペシャルティコーヒーを扱う事業者さんはそれぞれに素敵なコンセプトを持っていらっしゃいます。物が溢れる現代だからこそ、1杯のコーヒーを飲みながら落ち着いて自分と向き合う優雅な時間を持つことも良いかもしれませんね。

投稿者:CrackRoaster 投稿日時:

美味しさを閉じ込める技術

Crack Roaster シンジです。

今日は、Crack Roasterの品質管理について共有します。

 

暗い方が良い

「Crack Roasterのコーヒーは美味しい!」と飲んでいただいているあなたに今日も感謝しております。ところで、こちらの袋を見た事はありますか?

コーヒー業界の人間は毎日見るものなのでなんら特別な感覚はないのですが、初めて見られる方が多いのではないでしょうか?こちらは、コーヒー豆を保存する特殊な袋です。弊社がコーヒー豆を仕入れる時に焙煎所から納品される際、品質が落ちないようにコーヒー豆専用の特殊な袋へ入れた状態で納品いただくようにしています。

この袋のポイントは2つあって、空気を遮断できる事光を遮断できる事です。コーヒー豆は生鮮食品に分類されます。基本的に酸化と光に弱いため、一定期間美味しい状態をキープしようと思ったらそれなりの保存方法が求められるわけです。酸化を防止するため、空気が入りにくい袋を利用して品質低下を防ぎます。袋が黒色だったり銀色だったりする理由は、遮光機能を発揮するためです。

Crack Cafeをご利用のクライアント様はお気づきかと思いますが、コーヒー豆を納品する際の瓶は全て蓋にゴムが付いている密閉型の容器を使用しています。そうする事で、空気に触れる事がなくなり品質低下を防ぐ事ができます。オフィス内に棚などを設置している事業所さんは、可能であればコーヒー豆の瓶を暗所で保存してあげてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

Crack Roasterは「職場を最高の環境へ」するため、提供するサービスの品質に常にこだわっています。「こんなコーヒーが飲みたい」「先月のゲストロースターが美味しかった」などの感想をお待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。

連絡先:info@crackroaster.com

投稿者:CrackRoaster 投稿日時:

それ、持ってないとヤバイですよ

Crack Roaster シンジです。

 

それ、持ってないとヤバイですよ

自宅でコーヒーを淹れる方は多くいらっしゃるかと思いますが、私が数多くのコーヒー愛好家たちに出会ってきた中で9割以上の方が陥る間違いに共通点があることに気が付いてしまいました。この記事を読んでいるみなさんには同じような間違いをしていただきたく無いので、是非記事を最後まで読んでください。

 

温度を知らないなんて、論外

こちらは、ケトル(お湯を注ぐための道具)からドリッパー(コーヒー豆を入れる専用の容器)にお湯が注がれている様子です。一見、ただお湯を真下に投下しているようにしか見えませんが、この写真に写っていないものが一つだけあります。それは、温度計です。コーヒーを淹れる際に、ほとんどの方が行なっていない過程がお湯の温度を測るというプロセスです。コーヒー豆は、その豆を焙煎したロースターによって、おすすめの抽出温度があります。抽出温度とは「ケトルの中のお湯が〇〇度になったら抽出を開始してください。そうすればこのコーヒー豆は一番美味しく抽出できます」という温度のことです。湯温を測ることはコーヒーを抽出する上でとても大切なプロセスです。Crack Roasterも、Crack Baristaのサービスを提供する際には必ず温度計を持参します。おすすめの湯温は各ロースターさんによって違います。コーヒー豆を購入する際、各店舗のバリスタに聞いてみてくださいね。きっと丁寧に教えてくれます。

(完璧な温度は完璧なコーヒーを作る、とも言えます)

 

コーヒーを自宅で淹れる場合は温度計を必ず用意しましょう。

どれだけ良いコーヒー豆を使用しても、適切な湯温を守らなければ美味しさが半減どころか99%減です。。。こだわり具合にもよりますが私としては温度計は必須アイテムですので、コーヒーをこれから始められる方、すでに自宅でドリップをしている方で温度計をお持ちでない方は、是非今週末にでも購入してください。

 

〜Good coffee makes better life〜

投稿者:CrackRoaster 投稿日時:

〜職人の声〜佐京園13代目園主へのインタビュー

Crack Roaster シンジです。

この記事では、Crack Roasterの仕入れ先パートナーとしてお世話になっている佐京園の13代目園主のインタビューをお届けします。

(↓13代目 佐京 裕一郎氏)

Q1. 佐京園のお茶の特徴や他の茶農園と違う点を教えてください。

(佐) 全て佐京園で採れた茶葉を自分の工場で生産しています。茶園管理も外注しておらず自分たちで行うため、その日の茶葉の状態、天候によって蒸し具合から揉み方まで全て調整しています。揉む時水分計を用いず、手触りで工程間を決めています。 (普通は、1台目から2台目の機械に移す際、水分計で水分を測って自動で移している農園が多いとのこと。便利だが茶葉の揉まれ具合がちゃんと分からないというデメリットもあるそう)また、佐京園のお茶は全て一番茶というところも特徴です。

 

Q.2 農園を継ぐことになった時の正直な気持ちは?

(佐)自分か弟が佐京園を継がなきゃいけないと思っていたし、弟には好きなことをさせてあげたかったので自分が継ぐ事にしました。

(広大な農園。真横をSL機関車が通る)

 

Q.3 このお仕事をしていて楽しいところは?

(佐) マルシェなどで販売に出向いた時にいただく「美味しい」という声やお茶農家の話を真剣に聞いてくれる時です。また、注文の際に一言添えてくれている方も嬉しく感じます。 佐京園のお茶をお友達に紹介してもらえたというお話を伺う時も嬉しく思います。

(Crack Baristaで提供している様子)

 

いかがでしたでしょうか?

私も佐京園のお茶を定期的に飲みますが、ペットボトルのお茶では味わえない自然の甘さや渋みが味わえるため非常におすすめです。お湯に浸すだけでお茶が出来上がるので、忙しい現代人におすすめです!

投稿者:CrackRoaster 投稿日時:

出張バリスタサービスCrack Baristaができる事

Crack Roaster シンジです。

出張バリスタを頻繁に利用される方はあまり多くないと思います。出張バリスタでなくてもケータリングサービス自体を利用するケースも少ないのではないでしょうか?そこで本記事では、時代の先をゆく飲み放題式出張バリスタCrack Barista」ができることをまとめたいと思います。

 

・本格ドリップコーヒーと日本茶が飲み放題

弊社サービスを利用された方は「ふむふむ、アレのことか」となると思いますが、まだサービスを利用されたことがない方はイメージがつかないのではないでしょうか?Crack Baristaは「定額制でプロのバリスタのドリップコーヒーと日本茶が飲み放題」というサービスです。私のリサーチの限りでは、日本国内で同一のサービスを提供できる企業は本記事執筆時点ではありません。東京都23区内と大阪・神戸中心部で提供を行なっております。

 

・イベントでのコミュニケーション活性化

イベント開催の際には、コーヒーサービスを含むケータリングを利用し、食事や飲み物を用意される方がほとんどでしょう。ケータリングサービスは手離れが良く、注文したらあとは現場に食事や飲み物が到着するのを待つだけ。そんな形式のものが多く、どのサービスを利用しても結局「食べられるものと飲めるものがイベント会場まで来る」というだけで終わってしまうと思います。しかし、Crack Baristaであればバリスタがそのイベントの為に会場まで伺います。Crack Roasterのバリスタがイベント会場内の方々に均一に声をかけることで、「イベントに行ったけど楽しくなかった」をゼロにしたいという想いがこのサービスには込められています。

 

・イベント主催者のブランディング寄与

Crack Baristaのサービスは決して廉価ではありません。手軽に利用できない、という事が転じてメリットになる事をご存知でしょうか?自社で開催するイベントに他社や取引先などの重要な関係者が来場する場合、当日のイベントをどのように進行するかで他社からもたれるイメージは変わってくるのではないでしょうか?イベント当日に高品質な食事やドリンクが会場に準備されていれば、参加企業の方々はとても喜ぶのではないでしょうか。高品質(ほとんどの場合は高額)のもので参加者をもてなすか、直前に準備したことがモロバレのコンビニフード・コンビニドリンクで対応するかで、印象はだいぶ変わってくると思いますよ?

 

いかがでしたでしょうか?

出張バリスタを頻繁に使われる方はまだまだ多くないかと思いますので、この記事を読んで少しでも気になったら是非弊社までご一報ください。

投稿者:CrackRoaster 投稿日時: